マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

スピードの調整

皆さん、こんにちは。 スピード練習もしておかないと、 レースの時にダッシュできなく なってしまいます。そのため、 日頃からスピード練習が必要です。 ですが、調整はしっかりできて いますか? ハードに練習をしてもスピードの 調整ができなければ、100m、200mは 途中でバテてしまい、失速する可能性が あります。 私はフリーではコントロールしやすい ですが、意外とフリー以外はコントロール 出来てなかったりします。 その理由は何だと思いますか? そう、正解です(笑) バッタはレースに出ることも あるので、練習はしていましたが、 スピード練習の不足です。 速くなるための練習法

>必ず速くなる水泳・練習法 [ 東島新次 ]

というのも、バッタって普段、 レーンに二人、三人いると泳げず、 片手の練習になってしまうことが 多いんですよね。 そうすると、片手だけの時のバッタは、 体に使い方を覚えてもらうことができますが、 両手を使ってのスピード練習だと、体に 使い方を覚えさせられないんですね。 だから、まだまだ体の使い方としては、 出来ていない状態なんだと思います。 また、バックやブレは私の専門では、 ないため、全くスピード練習を入れて いないので、当然、できるはずもない ですよね(笑) スピード練習も体の使い方の一部 なんです。 スピード練習をしていれば、 スピードを出すときの使い方を 体が学んでくれます。 その為に必要な練習はDesの練習、 イージーハード、ハード、イージーの 練習がオススメです。 また、スピード練習となると、 50m、100mでハード、イージーなど 繰り返すことが多いと思いますが、 私のオススメは12.5ずつで イージーハード、またはその逆、 ハード、イージーをオススメします。 このように短い距離でイージーと ハードを行うと、100m、200mで 泳ぐときに、途中途中でコントロールし、 ハード、イージーの切り替えがやりやすく なります。 50mならハードだけでいけますが、 100m、200mではずっとハードで 泳げません。かといってずっと イージーではタイムも速くなりません。 だからこそ、12.5ずつでイージーハード、 ハードイージーで切り替える練習をすると、 100m、200mの中でイージーで泳ぐところと ハードで泳ぐところを決めて泳げるように なります。 この練習も体に覚えさせることで、 体を使えることができるようになります。 でも、反対に練習をやめると、体は 使い方を忘れてしまい、できなくなって しまいます。1本だけでも良いので、 必ず入れておきましょうね。 意味のある練習は必ず速くなります

>必ず速くなる水泳・練習法 [ 東島新次 ]