マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

キック

こんにちは。 一昔前は、水泳の キックに関しては、 蹴り下ろし、蹴り上げを しっかりやって、下に 水を押すみたいなことを 言われていましたよね。

>基礎からマスター水泳 [ 柴田義晴 ]

価格:1,566円
(2017/3/26 10:46時点)

今のキックは違います。 後ろに押し出すキックです。 後ろに押し出すキックは、 蹴り下ろすときのキックを 下ろしすぎないことが大事です。 このキックで一番、わかりやすい のがバッタのキックです。 平泳ぎはまた別のキックに なりますが、基本的にバック、 バッタ、フリーは同じキックの 形ですよね。 その中で一番わかりやすいのが、 バッタなんです。 バッタならうねりが入りますよね。 うねりが入った状態で蹴り下ろしの 幅が大きくなるとお尻が大きく出て しまいます。 そこで、バタフライのキックで確認 します。 バタフライのキックは蹴り上げたあと、 深く下ろしてしまう方が多いのですが、 蹴り下ろしはストリームラインで作る 足の位置まで。つまり真っ直ぐに なるまでで良いんです。 わざわざ、蹴り下ろす必要は ありません。 ただでさえ、うねりを入れているので、 深く蹴り下ろしたら完全にお尻が 出てしまいますからね。 それと同じ原理で考えると、あまり 蹴り下ろしは必要ないということに なります。 背泳ぎに関しては同じ原理なのですが、 あまりしぶきを上げないほうが良いので、 膝が水から出ないことが大切です。 ブレは、そのまま真っ直ぐに水を押す。 でも、本当に基本的なことは腿の付け根 から動かすことです。 もう一度、キックから見直してみましょう。

>基礎からマスター水泳 [ 柴田義晴 ]

価格:1,566円
(2017/3/26 10:45時点)