マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

勘違いが多いので・・・

こんにちは。

結構、皆さん勘違いしている

ことが多いんですよね。

上手に泳いでいるからといって、

教えてもらって上手くなろうという

勘違い。

結局、上手に泳いでいる人って

基本がしっかりできていて、その

基本を意識して、その基本となる

部分をしっかり練習しているから

なんですよね。

コーチングを学ぶことで自分自身も違いに気づけるようになります

細かくすると大きくストロークする

とか、手の平の角度がどうのこうの

とかありますが、それ以前の問題

だったりすることが大半なんです。

例えば、キックの基本である

腿の付け根から動かすという

行為ができていないのに、

進まない、息継ぎができない・・・

または、蹴れない・・・

これ、トップスイマーやきちんと

基本を理解している方なら必ず

知っていることですよね。

ひとつひとつ丁寧にやっていく

というのは、こういうこと。

キックの基本ができていないのに、

いきなり息継ぎの練習などは

無理ですよね。

もっといえば、ストリームラインが

出来ていないのに、いきなりキックが

出来ない・・・と言われてもできる

はずがないんですよね。

細かいことをいう以前の問題で

引っかかっていることが多いので、

おかしいと気付いたら、基本に

戻ること。

これってコーチに言われていること

ばかりだと思います。

上手に泳いでいる人を見て参考に

したり盗もうとするのは、もちろん

結構です。

だけど、その人の泳ぎを研究して

いますか?

体のどの部分から動かしているか

きちんと見ていますか?

コーチに教えてもらっても、

上手な方に教えてもらっても

やること、基本は同じはずですね。

大事なのは教えてもらったときに、

きちんと研究できているかどうかです。

自分の泳ぎの研究だけでなく、

人の泳ぎを研究していますか?

上手なのは、何故、どの部分から

動かしているから上手なのか、

研究し、自分でもやってみて、

違いに気づけるかどうかです。

これは脳トレにもなります。

気づく、考える、それだけで脳は

刺激されるんです。

全て、体の動きは脳が指令しています。

脳に刺激を与えるために考え、気づき、

脳に何度も言い聞かせることが大切

です。

考える水泳をしっかりしましょうね。

コーチングを学ぶことも大切

ですよ。自分自身の泳ぎに

気づきやすくなりますし、

自分自身を自分でコーチ

することができるようになります。

>競泳勝利へのコーチング [ ディック・ハヌーラ ]

価格:2,160円
(2017/3/26 10:07時点)