マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

泳ぎ方 いろいろ

こんにちは。 バックをしているときに バックの泳ぎ方に集中して たら、壁に頭をぶつけて ひとりで、いてぇーと 叫んでいたカーミンです(笑) 泳ぎ方はいろいろありますし、 泳ぎを距離に応じて調整する こともありますよね。 泳ぎ方は様々ですが、今日は キックについてお話ししましょう。 キックというと普通は蹴り上げを 意識してくださいと言われることが 多いんですよね。 ところが、人によっては蹴り上げを 意識したキックは浮きすぎて、 ストリームラインが崩れる場合も あるんですね。 今日の私がそうでした。 泳ぎはその日、一日一日違うし、 体調によっても泳ぎは変わります。 だから、一日一日、その日の 体調によっても泳ぎ方を使い わけできるといいんです。 さて、キックに戻しますが、 キックの蹴り上げでストリーム ラインが崩れてしまう場合は、 蹴り下げを意識するとストリーム ラインが整います。 ストリームラインは浮きすぎても 沈み過ぎてもダメなんですね。 バランスが非常に大切です。 私は蹴り下げでストリームラインの バランスがとりやすくなりました。 皆さんもいろいろと手法を変えて やってみてくださいね。

姿勢と体幹の科学

新品価格
¥1,620から
(2017/2/4 20:10時点)