マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

力を抜く

皆さん、こんにちは。

昨日、仕事帰りにジムで

泳いできました。

が、その日は仕事の最中でも

蕁麻疹が発動(?)していました。

泳ぎの練習中にピークに達し、

体中のかゆみが抑えられず、

練習を断念しました・・・

もちろん、薬はありますが、

やっと薬を減らせるように

なったのに、ひどくなって

しまいました・・・

この蕁麻疹は原因不明の

慢性蕁麻疹ということで、

何年もかかるくらい、根気よく

治すことが必要らしいです。

ということで、ふと感じたのは、

力が入り過ぎているということ。

その為にストレスや疲労がたまり、

リラックスができないという

悪循環・・・

よーく考えてみると、練習中も

だんだん力が入ってくるんですよね。

ウォーミングアップの時は、

力が入らないんですけど、

メニューをこなしていくうちに

だんだん力が入ってしまうことが

多いんです。

きつい練習すると本当に忘れて

います(笑)

なかなか力を抜くって難しい

ですよね。

私もどうやって力を抜くのか

わからず、かなり調べたり

しましたが、なかなか力を

抜く方法というのは見つからない

ですね。

呼吸をゆっくりにすれば・・・

と言いますが、きつい練習、

レースの時には呼吸をゆっくり・・・

というわけにはいきませんよね。

こんな時の力の抜き方を知りたい

ものですよね。

力を入れることよりも抜くこと

のほうが難しいんですよね。

前回、丹田を意識するという

記事を書きましたが、丹田

意識しても、丹田に力が入って

しまっては意味がないので、

やはり力を抜くのも難しいんです。

私は毎回のテーマですが、力を

抜いてリラックスです。

泳ぐときだけではないですが、

力を抜いてリラックスですよね。

あるマインドフルネスの本では、

お腹は力を抜いて、胸は張るという

姿勢が書いてありました。

大切な丹田ですから、逆にお腹を

緩めて丹田の力を抜くという方法も

悪くはないと思います。

人の考え方はいろいろありますが、

絶対これ!!というのはないので、

自分に合った力の抜き方の方法を

知るのも良いかもしれませんね。

力を抜くためのヒントになります。

笑顔で力を抜くトレーニングを

しませんか?

本番に強い人は、ヤバいときほど力を抜く 人前で話すのが劇的にラクになる7つの技法