マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

感じる水泳をしましょう

皆さん、こんにちは。

カーミンです。

私はよく「考える水泳」を

しなさいと言います。

また、考えるだけでなく

身体の動き、水の音を

感じながら泳ぎなさいとも

言います。

これは、コーチの指示に従って

泳ぐだけでは、応用が効かなく

なるからです。

だからといって考えることは、

勉強することでもあります。

私もそうなんですが、私は

スイミングコーチをしていた

ことがあって、知識はどんどん

増えました。

話を聞いたり、泳ぎを見れば

ある程度はアドバイスできます。

こちらのブログでもたくさん

書かせて頂いています。

本当に、これはありがたいこと

です。皆さんに感謝します。

ただ、知識があり過ぎて逆に

その知識が邪魔することも

あるんです。

その為に人にアドバイス

して上手になったんだという

声を聞くことはあっても

自分では、知識ばかりに

とらわれてしまい成長しない

という・・・

だから、知識だけがあっても

自分の身体で感じながら泳ぎ、

自分に合った泳ぎができなく

なっていたんですね。

自分に合った泳ぎは、自分

自身では見られないので、

チェックできないし、なかなか

アドバイスをもらえないのも

現状です。

だから、自分の身体の動きを

より感じながら泳ぐことで

知識ではなく自分に合った

泳ぎをするようにしなくては

ならないんですね。

よく、テレビとか見てて、

ある分野の知識はあって

凄いけれど、実はこれは・・・

と言われてしまう場面、

ありますよね。

知識は時として役に立ち

ますが、知識が邪魔をして

しまって本来の自分に合う

泳ぎが出来なくなってしまう

ことがあります。

だから、そうならないためにも

知識に頼らず、自分の身体の

動きや水の動きなどを感じながら、

練習していくことが大切です。

そこで、もっと肩甲骨が自由に

動かせるようになるといいとか、

こう動かせば楽になるじゃんとか

気づけばいいんです。

迷ったときはアドバイスをもらう

のも良いし、たまには泳ぎを見て

もらうことも大切です。

でも、それだけでは人は速く

なりませんので、知識を増やす

なら、感じて泳ぐことをオススメ

します。

泳いで感じたことをコーチに

話したときに否定をするコーチは、

きっと良いコーチではないかも

しれませんね。

本当のコーチは本人の長所を

見抜けるし、その長所を更に

伸ばしてくれます。その上で

弱点を攻略してくれます。

弱点も長所も見抜いている

コーチが一番信頼できるかも

しれません。

でも、普通はマスターズクラスに

なるとあまり指導をしてもらえる

ことはなくなりますから、自分の

身体の動きを自分で感じることは

なおさら大切ですね。自分で修正

していくしかないですからね。

また、感じる水泳をやることで、

泳ぎの変化に自分で気づきやすく

なります。

ちなみに、私がこのブログで

書かせていただいているアドバイスは、

一般的な方法と自分が泳いで感じた

ことを、こんなやり方もあるよと

いう形でご紹介しています。

でも、なんか硬いですよねぇ・・・

もっと柔らかく書けるように

頑張ります。

皆様、いつもお読みいただき

ありがとうございます。

水泳のきれいなカラダをつくる ~スリムな逆三角形になる! ドライランドトレーニング (大人の自由時間mini)