マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

バタフライのキック なぜ強くなるのか

皆さん、こんにちは。

さて今回はブログを通じて

知り合った、さいたまんきちさん

からの質問にお答えしようと

思います

私が以前の記事でバタフライの

キックが強いと言われるといった

ことを書きましたが、なぜキックが

強いのか・・・

ということをまず、お話ししますね。

えっと、さいたまんきちさんのブログ

の返答にはイルカになりましょうと

書きましたが・・・(笑)

間違ってはいないのですが、それでは

納得できないと思いますので、ここでは

キックの強さについて真面目に答えます

ちなみに平泳ぎでは言われたことは

ないですが、平泳ぎのキック以外は

基本、私のキックは強い~と言われる

ことが多いです

自分では当然のごとくわかって

いません。

でも、私もキックが強かったわけでは

ありません。

キックが強い=速いと思われがち

ですが、どんなにキックが強くても

むやみにキックしてれば、遅くなります

からね。

強くなったなぁと言われるように

なったのは体幹トレーニングを

始めてからです

体幹トレーニングをしてまず、

コーチに言われたのは浮き方が

変わった・・・でした。

お腹が使えるようになったことで、

浮くようになってフラットな姿勢に

なったことなんです。

おなかを使ってフラットな姿勢が

できるようになり、キックも足だけ

ではなくお腹を使えるようになったんです。

そして、おなかが使えてくるようになると、

不思議なことに体全体も使えるように

なってくるんですね。

前回、ご紹介した基本の体幹トレーニング

加えて上記の記事でもご紹介していますが、

上下左右に足を動かすトレーニングを

欠かさずやっていました。

そして普段からドローインを

していました。

この体幹トレーニングで意識する

ことはドローインなんです。

そして、足を動かすトレーニングも

しっかりお腹を意識して足を動かすと

お腹はどう動くのかを感じながら

動かしていました。

足を動かすだけでも体全体が動いて

いるという感じがわかれば、キックは

必ず強くなります。

ちなみに私が平泳ぎだけキックが

あまり強いと言われない理由も

きちんとあります。

平泳ぎのキックに似せた体幹

トレーニングをしていないからです。

体幹トレーニングで、足を動かした

トレーニングはしていたけれど、

足を伸ばしたまま、上下、左右に

動かしているトレーニングなので、

バタ足やドルフィンキックに似た

動きしかできないんですね。

このトレーニングだけでも

平泳ぎのキックも強くなりますが、

本当の意味での平泳ぎのキックを

するときの体の使い方ができて

いないんですね。

だから、平泳ぎのキックは

そんなに強くはないんだと

思います。

平泳ぎのキックを強く

するのであれば、平泳ぎの

キックの動きと似ている

体幹トレーニングしなくては

なりません。

例えば、例としてプランク

姿勢で片足ずつ平泳ぎの引きつけの

格好でキープ、なれたら

蹴って後ろに伸ばしてみる

このような体幹トレーニングを

すると強くなると思います。

もちろん、サイドブリッジでも

ヒップリフトでも、可能な

トレーニングです。

速くなるためにと水泳で

泳ぎこみ、ハード、イージーの

練習だけに集中しがちですが、

実は陸上トレーニングで、できて

いないことが多く、陸上トレーニングで

できないものは水の中でもできないと

心得ておくとよいでしょう。

陸上でストロークの練習もできますよね。

陸上トレーニングをまず取り入れて、

体の使い方を確認することが大切です。

水泳陸上トレーニング:バランスボールでストリームラインを見直そう|陸上トレーニング(1)~ブレない泳ぎを作るコツ~<森塾>【定-83】

ほかにも沢山の陸トレの動画が

あります。

森隆弘 陸トレ

と、ユーチューブで検索して

見てくださいね。

陸上トレーニングで、どのように

筋肉が動いているのか、確認

しながらトレーニングすると

それが、水中でも覚えていて

同じように動いてくれます。

こちらも参考にしてみて

くださいね。

水泳のきれいなカラダをつくる スリムな逆三角形になる!ドライランドトレーニング (大人の自由時間mini)[本/雑誌] / 高橋雄介/著

価格:1,382円
(2017/1/22 16:36時点)