マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

水泳の体幹トレーニング『プランク』

皆さん、こんにちは

カーミンです。

体幹トレーニングはどのスポーツに

おいても大事なものですが、その種目に

よって、体幹トレーニングも違って

きます。

水泳で一番効果のある体幹トレーニングは

やはりプランクですね。

プランクとはこのトレーニングのこと⇓

o0480022712974485332.jpg

この姿勢はストリームラインに近い

姿勢になりますので、鍛えておくと

タイムも速くなります。

プランク体幹トレーニングの

基本となります。

さて、体幹トレーニングの基本の

トレーニングとなるプランク

加えてサイドプランク、ヒップリフトが

あります。

サイドブリッジ⇓

IMAGE_063.jpg

ヒップリフト⇓

ヒップリフト1.jpg

これらが基本になります。

この基本の3つのトレーニングは

なるべく欠かさずやったほうが

良いでしょう。

さて、ここからステップアップ

です。

この3つの基本が30秒以上

できるようになって、余裕だぞ

という方はチャレンジ!!

この3つの基本の姿勢から

片足を床から離して一直線に

しましょう。

これでも余裕だぜという方は

足を上下左右に動かしてみましょう。

えっ?まだ余裕がありますか?

ではプランクの姿勢で片足上げて、

更に上げたほうの足とは逆の手を

前に伸ばしてみましょう。

これもできるという方は、手を

伸ばしたまま、片足を上げて上下

左右に動かしてみます。

反対もやってみましょう。

右足を上げて左手を前に

伸ばして行ったら、左足を

上げて右手を前に伸ばします。

余裕があったら上げている

ほうの足を左右上下に動かして

見てくださいね。

ヒップリフトでも同じことを

やってみてくださいね。

さてさて、問題はサイドブリッジ。

どうやっステップアップしましょうか?

サイドブリッジの場合、足を上げる

まではできますが、手を上げるのは

どうやってやるか。

最初は天井に指先を向けます。

慣れてきたら、手は頭の上に

伸ばしてストリームラインに

近い姿勢を作りましょう。

3つの基本トレーニングの

バリエーションが増えましたね。

更に、サイドブリッジ、プランク

肘を床につけて行っている写真ですが、

実は肘を伸ばして、手の平だけで床を

抑えてやる方法もあります。

本当に基本のトレーニングですが、

工夫することで、たった一つの

基本トレーニングのバリエーションが

増えます。

これは水泳のトレーニングも同じです。

ひとつの泳ぎのドリルで片手ストローク

あるなら、これは他の3つの泳ぎにも

片手ストロークがあるのです。

いろいろ発想をしながらトレーニングする

のも面白いですよ。

ちなみに今の私は、発想できずに工夫を

したトレーニングができないので、面白さが

半減しております(笑)

もっとバリエーションを増やしたい方は、

水泳に関した体幹ならこちらを参考に

してみてくださいね⇓

4泳法がもっと楽に!速く!泳げるようになる水泳体幹トレーニング [ 小泉圭介 ]

価格:1,652円
(2017/1/22 09:32時点)