マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

ドリルメニューを紹介

皆さん、こんにちは。

カーミンです。

さて、今日は競泳において

ドリルという練習方法があります。

本日はいくつかドリルを紹介します。

ドリル練習でど定番と言えるのは、

スカーリングですね。

スカーリングにもいろいろな

種類があります。

記事にすると書ききれないので、

スカーリングの種類とやり方が

記載してあるサイトをリンクして

おきますね⇓

スカーリング

この他に背浮きで足向きに進む

スカーリングなどもあります。

スカーリングができる方は

水の捉え方が上手な方なので、

スイムを泳ぐときにもしっかり

水を捉えることができて速く

泳げるようにもなります。

スカーリングもこれから紹介する

ドリルも全ての泳ぎに共通する

ドリルなので、是非、やってみて

下さい。

私が一番お勧めするドリルは

片手ストロークです。

あれ、初心者もやってるよね?

はい、やってますね。

片手で行う理由は何か、まずは

肩幅でしっかり伸ばせているか

どうかを確認すること。

意外にまっすぐ肩幅に伸ばして

いるつもりでも内側に入って

入っているときがあります。

内側に入ってしまっては、

もったいないですよ。

水の抵抗を受けやすくなって

しまいます。

でも、普通に片手ストローク

やるだけではないですよ。

マスターズスイマーは。

まわさない手は気を付けの姿勢で

行います。

安定感がなくなりますね。

ポイントは安定感がなくなった

姿勢でもストリームラインを

しっかり作れるかどうかです。

どうすれば安定した姿勢が

できるのか、体で感じながら

泳いでみましょう。

さて、片手ストロークときたら、

片手キックです。

片方の足は絶対に動かしては

いけません。

片手のほうがどう動いているのか

確認しやすいです。また、左右の

どちらが弱いのかもわかります。

片方のほうが上手く足全体を

使ってキックができたりします。

平泳ぎなどはすぐにわかりますよ。

ちなみに片手ストロークは平泳ぎでは

あまり聞かないと思いますが、やはり

平泳ぎでも片手で行うと動きがわかります。

さて、ドリル練習といえばもう一つ。

ヘッドアップ。

頭を上げたまま泳ぎましょう。

これはストロークの回転数を上げる

練習と心拍数を上げる練習にもなります。

そして、クロールと背泳ぎで使える

ドリルもご紹介します。

手を入水させる前に肩を触ってから

入水させるというドリルもあります。

肩に触っている間に反対側の手を

キャッチします。

意外と頭が混乱します(笑)

さて、まだ続きます。

平泳ぎに必要なドリル練習を

ご紹介します。

2回キックをして呼吸という

練習です。

一回目のキックは潜るキック、

二回目のキックは浮き上がるキックを

して息継ぎをします。

ちなみに、これはトップスイマーで

リオオリンピックで活躍した渡辺

一平くんが紹介してくれた練習

です。

ひとかき、ひとけりでも役に立つ

そうですよ。

そして、私の専門、バタフライの

ドリルに役立つドリルは・・・

バタ足でストロークはバタフライです。

体が安定するので、ストローク

練習には良いそうです。

これは星奈津美さんが教えて

くれました★

マスターズスイマーの皆様、大会に

参加した時にはイベントでよく

特別ゲストを招いて、練習方法を

教えてくれたりします。

ぜひ、参加しましょうね。

水泳実践的練習ドリル [ 原英晃 ]

価格:1,620円
(2017/1/21 21:56時点)