マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

スタートの飛び込み

皆さん、こんにちは。

カーミンです。

いつもお読みいただき

ありがとうございます。

さて、今回はスタートの

飛び込み方です。

競泳でいうとスターとの

飛び込みは何かと話題に

なります。

私も見ていましたが、

アメトークでも危険な

飛び込みをしていました。

スタートの飛び込みについては、

中学校でも飛び込んで首を折る

という事故が多発し、全面的に

禁止になりました。

部活の場合は、やはりスタートの

飛び込みの練習が禁止されると

かなりきついですよね。

スタートの飛び込みでタイムも

変わってきてしまうので、できれば

練習したいものですが、水深が

浅いので、かなり危険です。

えっ? なんで?? と思った

方もいるかもしれません。

どんなに綺麗な飛び込みをしても、

水深が浅いと底と身体がスレスレに

なってしまうのです。

ということは、慣れていない人が

やれば、底にぶつかる可能性が

あるんです。

となれば、身体を真っ直ぐにせず、

頭から下に突っ込めば、首を折る

こともあります。

正しい飛び込み方は、まず、笛の

合図でストリームラインをしっかり

作ることです。

そして、きちんと手を前に伸ばして

下ではなく前に飛んで、頭をしまう

ことです。

この時、しっかり体幹を伸ばして

おくことです。

一番、間違えやすいのは下に飛ぼう

としてしまうことです。

詳細はこちらから

飛び込みの方法はクラブスタートと

クラウチングスタートの二通りあります。

トップスイマーはクラウチングスタート

採用しています。そのほうが、より遠くに

飛べますからね。

でも、マスターズの方であれば、

どちらでも良いんです。

また、マスターズなら飛び込まなくても

OKなので、水中スタートでも問題は

ありません。

しかし、間違った態勢で行えばケガの元です。

悪ふざけでやるのはご法度です。

どんなスポーツでもそうだと思いますが、

これは危険だということも同時に知って

おく必要があると思うので、指導者は

ぜひ、危険な行為もしっかり伝えて

いくことが大切です。

危険なことがあるということも

理解したうえで楽しんでいきましょうね。

飛び込みを含め、泳ぎもしっかり

フォームを確認しながら泳ぎましょう。

【新品】【本】水泳絶対上達4泳法完全マスター 堀内善輝/監修

価格:1,404円
(2017/1/4 15:37時点)