マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

カーミンのスポーツルーム

元スイミングコーチが水泳を中心に水泳講座やトレーニング方法、スポーツのぼやき、スポーツ用品を紹介しています。

ドリル練習で速く泳げるけどスイムでは速く泳げない?!

皆さん、こんにちは。 カーミンです。 ふと、トレーニングをしていて、 疑問に思うことがあります。 ドリルは凄く速いのにスイムで 泳ぐとスピードが遅くなってしまう方、 また、反対にドリルでは凄くスピードが 遅いけれど、スイムはスピードが速く なる方がいます。 私はどちらかというと、ドリルは 苦手なので、後者ですね。 なぜ、このように分かれてしまうのか、 理由はわかりません。 でも、ここで一つ、考え、水を感じながら、 やってほしいことがあります。 ドリルの時こそ、ひとつひとつ、ゆっくり 動作を感じながら丁寧にやってほしいのです。 ドリルは速くなるための練習でもあるのですが、 一番の目的は、身体をほぐし、動く筋肉を 感じながら、確認することにあります。 また、位置を確認することです。 ドリルって泳ぐ中での一部をピックアップして、 そこを練習することをドリルと言いますよね。 それほど、ドリルの練習は大切ですが、 そのドリルの時に丁寧にやらないと、 変なクセがついてしまうんですね。 では、一つ質問です。 道具は使っていますか?

水泳実践的練習ドリル

価格:1,620円
(2016/12/24 13:51時点)

私は、絶対に使うなとは言わないですが、 あまり道具を使ってのドリルはやりません。 例えば、ビート版を使ってのキック練習。 顔を上げて練習する方が多いと思います。 さて、スイムに近い姿勢は? この質問をしたときに気づくことも あります。 ビート版を使って顔を上げたキックの 練習は、余計に腰が沈みます。 そのため、かなりの腹筋の力が なければ、腰は浮きません。 また、顔が上がっているため、 スイムで泳ぐときも顔が上がった ままになってしまうこともあります。 だから、道具を使っても良いのですが、 道具に頼りすぎないドリルの練習を 入れると良いかなと私は感じます。 なるべくスイムに近い姿勢を作って ドリル練習を行うことで、スイムに 繋がるような気がします。 ドリル練習は意外と道具を使うことが 多いですからね。 道具に頼りすぎず、練習をしていきましょう!! ちなみに、キックは大切ですが、大人は ストロークを強化したほうがパワーが 出るとも感じています。 そのためには、やはり体幹を鍛える!! これにつきます!! けれど、本当の身体の上手な使い方は、 どこの筋肉を使うとどの筋肉が連動して 動くのか・・・ そこを考えながら泳ぐことで上手に 身体を使うことができますよ!

水泳実践的練習ドリル

価格:1,620円
(2016/12/24 13:51時点)