マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【競泳】呼吸は競泳でも一番大切です

皆さん、こんにちは 皆さんは今日も水泳の 練習をしているでしょうか? 私は本日はお休みしました。 来月末には大会があります。 でも、今の自分の状況で 無理して練習しても実には ならないので休みました。 ちょっとばかり心が不安定に なっているということもある のですが・・・ 心を安定させるための一番、 簡単にできる方法は呼吸です。 でも、呼吸は心を安定させる ことだけではないんです。 スポーツにも呼吸は欠かせない のです。 疲労を和らげるため、そして 新しい酸素をたくさん取り入れる ためです。 酸素を取り入れることができる ため、疲労を速く減らし体力を 温存して、いざというときに 爆発的なパワーが出ます。 そのため、少しずつ吐いて その吐く息に合わせて身体を 動かします。 しかし、水泳はちょっと違う のです。 水泳は水の中なので、吐いてても 苦しくて仕方がありません。 そして、息が持たないというのも あるんですよね。 そこで、息継ぎする前に一気に 吐き出すと良いです。 というと、息継ぎしないときは 息を止める? という疑問が・・・ 顔を入れたら、1秒は息を 止めると良いとも言われて います。 これも、人によってタイミングは 変わってきます。 そのため、万人に合うわけでは ありませんが、私はプッシュの 時に息を吐くようにしています。 最初は、手が入水してから 息を吐いていましたが、 一番、力を入れるところ だからです。 よく考えて見ると、筋トレ でも他のスポーツでも力を 入れるときに息を吐きます。 水泳でも同じことがいえる のではないかと考えました。 一番、力が入るところは プッシュなので、そこで 息を吐いたらいいのでは と思ったんです。 これはどこの本にも掲載 しているわけではなく、 私が泳いで体感でどういう 泳ぎをすれば苦しさを 抑えられるかなどを考えた 結果です。 ただ、バタフライに限っては、 そのタイミングがズレてしまう ことが多く、まだ練習が必要 かなと思います。 こうやって、自分でアイディアを 出してやってみるというのも 伸び悩んでいる方にはオススメです。 インストラクターの言うことは 大事なのですが、自分に合わない、 成長する気がしないとなると、 やはり伸び悩むんですね。 こんな時は、教えてもらおうと いう意識を捨て、自分で少し アイディアやアレンジを加える こともOKです。 ただし、基本を崩すのは良く ないので、基本を崩さずに ちょこっとずつ、アイディアや アレンジを加えてみてくださいね。 そんなアイディアやアレンジなど ひらめきが欲しいという時にも 呼吸法というのは大事なんですね。 特に吐くことを意識して くださいね。 吐くことをしないと吸えずに 新鮮な酸素を取り入れることが できません。 吐くことを意識して普段から 呼吸の練習をしましょう。 そんな呼吸の練習をする方法を 参考にできる本もあります。 もっと、呼吸の大切さを 勉強したい方にも是非、 読んでいただきたいです。 水泳でもそうですが、呼吸 ひとつをとっても凄く奥が 深いので、呼吸でも基本を 極めることが大切です。

呼吸泳本 [ 原英晃 ]

価格:1,620円
(2016/10/22 20:54時点)
感想(0件)

勝者の呼吸法 [ 森本貴義 ]

価格:950円
(2016/10/22 20:56時点)

楽天で水泳の本を探す 楽天で呼吸法の本を探す