マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【競泳】胸筋、背中の使い方もコーチによっていろいろ

皆さん、こんにちは 皆さん、今日も競泳を楽しんで いますか? 練習やトレーニングも楽しめると さらにGOODです さて、今日はちょっとした筋肉の 使い方を共有していきましょう。 コーチによっていろいろなので、 これもどれが正しいなんていう ことはありません。 803.jpg 自分の身体が楽だと思うことを すれば良いと思います。 胸筋と背中は繋がっているので、 肩甲骨を閉じると胸が開きます。 また、肩甲骨を開けば、胸筋は 閉じるので少し背中が丸まります。 胸筋は背中のほうへ凹むイメージ です。 最近の泳ぎ方は肩甲骨を開く と言われています。 これは腰の負担を減らすため です。 肩甲骨を寄せて泳ぐという やり方もあります。 まぁ、いろいろなのでお好きな ほうを選んでいただければ良い と思います。 ただ、身体の動きに合わせて 肩甲骨なら閉じたり開いたり できるようになると良いです。 バッタが特にそうですが、 キックを打って潜るときには 背中は少し丸まっていますが、 腕を横に広げて前へと戻す 時には、肩甲骨を開きっぱなし だと回しにくいので、少し 肩甲骨を閉じるなどその 動きに応じて開いたり閉じたり、 縮めたり伸ばしたりすることが 大切です。 筋肉の使い方や姿勢もあまり とらわれ過ぎずに自分の自然体の まま動かせたらいいかなと私は 思います。 考えるところは考えて、でも こだわり過ぎずにエンジョイして 下さいね。 参考にしてくださいね⇓

【新品】【本】水泳絶対上達4泳法完全マスター 堀内善輝/監修

価格:1,404円
(2016/9/27 20:42時点)

上達するための本をお探しの方はこちら