マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

楽で身体が上がるバタフライ

皆さん、こんにちは。

カーミンです。

バタフライの泳ぎ方も

様々です。

第1キックを強く打ち、

第2キックを弱く打つ

というバタフライ。

その逆で第1キックを弱く

第2キックを強く打つバタフライ。

どちらが良いというわけでは

ありません。

ただ、今は第2キックを重要視し、

強く打つことが主流になっています。

第2キックを強くしたほうが楽だ

という方と第1キックを強くしたほうが

よいという方と両方いらっしゃいます。

どちらが正しいというものではありません。

私は、腕に力がある人は第2キックを

強くして泳いだほうが楽なような気が

します。

私は第2キックを強くしたほうが楽

なので、第2キックを強くします。

第2キックを強くするキックは

今、主流になっている泳ぎ、

『フラットな泳ぎ方』

と呼ばれる泳ぎ方です。

最近は全ての泳法において『フラットな泳ぎ方』

基本となっています。

これは筋肉のつき方に関係なく

楽に泳げると意味づけられています。

それでも、第2キックを強くして行う

バタフライはしんどいという方もいます。

第2キックを強くして泳ぐバタフライは、

第1キックで弱く打つけれど、途中で

止めず下までキックを打ちます。

第2キックは強くする代わりに、身体を

上にあげていくキックをします。

そのためには第1キックのように足を

下までおろすのではなく、けのびの

ときの足の位置までにとどめておきます。

こうすることによって、また第1キックを

強くするバタフライとは変わっていきます。

第1キックを強くするバタフライは、潜る

バタフライになりますので、レースの時などは

注意が必要です。

あまりに潜り過ぎて体の一部が出ていなかったら、

失格になります。

どちらの泳ぎ方でも構いませんが、私は

やはり、今、主流である第2キックを強く

するバタフライをオススメします。

今、主流の泳ぎ方は科学的に調べてより良い

泳ぎになっているということでもあります。

だから、合う合わないは確かにあるとしても、

主流の泳ぎ方のほうが楽に感じたりすることも

あります。

だから、絶対、これだというのはありません。

古い泳ぎ方はダメなのかというと、それも

違います。

でも、固定観念は捨てて主流のやり方も

試してみてくださいね。

フラットスイムのやり方です⇓

「フラットスイム」なら4泳法とも速く泳げる! [ 高橋雄介 ]

価格:1,800円
(2016/7/24 22:44時点)

style="display:block"

data-ad-client="ca-pub-1334998671438318"

data-ad-slot="6500484059"

data-ad-format="auto">