マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

バタフライのルール改正

皆さん、こんにちは。

カーミンです。

いつもお越しいただき

ありがとうございます。

ジャパンオープンに参加

された皆様、お疲れ様でした。

ところで、ジャパンオープン

までは新ルールが適用されません

でしたが、これからバタフライでは

新ルールが適用されます。

知っている方は知っていると思うの

ですが、今後、大会の参加を目指して

いる、バタフライを泳ぎたいという方

にも知っていたほうが良いと思います

ので、シェアさせていただきます

バタフライの新ルールは、身体の

一部が水から出ていないと失格に

なります。

スタートして15m以内であれば、

潜ったままでOKです。

でも、ゴールタッチ、ターンの後は

潜ってはいけないというルールに

なりました。

とはいえ、泳ぎは今までと変わらない

じゃん・・・

と思う方も凄く多いですよね。

やはり、マスターズ界の方たちも

バタフライのルールに混乱していた

ようです。

当然、私もルールを知った時、意味が

わからなかったです。

それぞれ泳ぎ方は人によって違います。

だから、少し潜ったほうが楽に泳げる

という方もいらっしゃいます。

そういう方は特に気になってしまいます

よね。

でも、大丈夫なんだそうです。

基本的に頭が潜ってしまっていても

足が水中から出ていることがほとんど

なんだそうです。

だから、あまり気にせずにいつもの

とおりのバタフライでOKです。

ただ、中にはバタフライのレースで

手が前へ伸ばしたとき、潜ったまま

けのびで進んでしまう方がいたそうです。

その為にバタフライは体の一部が出て

いないと違反になるというルールに

なったそうです。

心配であれば、潜るバタフライではなく、

浅いところで行うバタフライにすると

良いでしょう。

トップスイマーも行っているバタフライで、

フラットといわれる泳ぎ方です。

私はどちらかというとフラットなバタフライ

です。

潜って行うバタフライはかえって疲れて

しまうんですね。

バタフライに限らないですが、泳ぎ方は

たくさんあるし、10人いれば、10人が

違う泳ぎになります。

自分に合う泳ぎ方を見つけてくださいね。

バタフライ 水泳レベルアップシリーズ / 太田伸 【単行本】

価格:1,944円
(2016/7/20 21:19時点)

style="display:block"

data-ad-client="ca-pub-1334998671438318"

data-ad-slot="6500484059"

data-ad-format="auto">