マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

入江陵介の背泳ぎを参考にしてみよう

皆さん、こんにちは。 いつもお越しいただき ありがとうございます。 カーミンです。 さて、今回は入江陵介から 背泳ぎを学んでみましょう。 あるテレビ番組でやっていたので、 もしかしたら見ているかもしれません。 皆さんと共有しましょう。 入江陵介本人はあまり気づいていなかった ようです。 さて、入江陵介本人も言っていましたが、 自然とやっていたものなのですが、省エネ できるということでした。 なぜ、省エネで泳ぐことが大事かというと 体力をここぞという時に温存しておくためです。 そして基本的にレースは4本あるときも ありますし、疲労度を抑えることも理由の ひとつです。 さて、泳ぐうえで一番体力を消耗して しまうのがキックです。 入江陵介はキックを調整することで、 省エネし、体力を消耗させずにいざという ところで出せるようにしているんです。 入江陵介のキックは何回かバタバタと キックしたら足の甲をクロスさせキックを 止めているんです。 最初はコーチも直そうと思ったらしいですが、 バランスがとれているからいいやと直さない 方向で指導をしたそうです。 さすがにクロスをする必要はないですが、 キックが止まる瞬間があっても良いですし、 キックを弱くしても良いです。 こうやってキックを調整するだけでも 省エネで泳ぐことができます。 体力温存していざという時にしっかり 力を発揮できるようにしておきましょう。 完全に4泳法の基本をマスターして 考える水泳をしましょう。

DVDレベルアップ!水泳4泳法完全マスター [ 窪康之 ]

価格:1,404円
(2016/6/16 19:55時点)