マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

その練習なんのため?

皆さん、こんにちは。 カーミンです。 いつもお越しいただきありがとう ございます。 さて、本日は考える水泳をしましょう。 練習ではドリル練習のような基礎練習、 持久力をつける練習、スピードを上げる 練習、スピード持久力をつける練習など 様々ですが、人によって目的が違えば、 同じ練習メニューでも違っていきます。 例えばドリル練習の中には、プルの 練習があります。 さて、プルの練習は何のためでしょうか? 腕を速く回すための練習? 浮く感覚をつかみながら泳ぐための 練習?? それとも・・・ プルでしっかりかき方を確認するため? 目的によってそれぞれ違うとはこのこと です。 プルの練習ですが侮れません。 本当は奥が深いんです。 上記あるような意味を持っての プル練習もあります。 でも、自分の目的に合った練習は 本当にプルで良いのか・・・? こんなことも考えながら泳げるように なるともっと楽しくもなります。 こういうことをしっかり考えていかないと、 限界がいずれ来た時に超えることが出来なく なります。 でも、考えることで限界が来ても引き出せる ようになり再確認できることもあります。 また、応用がきかないんです。 自分で考えて答えを出すからこそ、初めて 応用がきくようになり、自分の身になるんです。 それが頻繁にコーチに聞いてその通りに やるだけではつまずいて次のステップに いけなくなります。 元に戻ることもできなくなってしまうんです。 たくさん思考し、頭の柔軟性を持ちましょう。 なんでもちょっとしたコツで速く泳げるように なったり綺麗に泳げるようになったりするんです⇓

できる!スポーツテクニック(8)

価格:1,728円
(2016/6/15 23:52時点)