マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

笑顔

皆さん、こんにちは。

カーミンです。

昨日、水泳のあるレッスンで

珍しいことを教えてくれました。

ちょっと前にもこの記事で

書きましたが、笑顔です。

笑顔で泳ぐと筋肉が和らいで、

可動域も広くなるので、笑顔で

泳ぎましょうとレッスンでも

言っていました。

奥歯をかみしめるだけでも

力が入ってしまって肩などに

伝わってきてしまうんですね。

その違いを見るためにわざと

奥歯をかみしめて泳ぐのと

奥歯をかみしめずにニコニコして

泳ぐということをしました。

皆さんもぜひ試してみてくださいね。

特にスピード練習などをやって追い込んで

いるときや大会などでは緊張してしまって

奥歯をかみしめていることがあります。

そんな時に奥歯をかみしめて泳ぐと

可動域が狭くなるということを知って

いれば、なんかスムーズな動きが

できないとか泳ぎが辛いとか感じた

時に奥歯をかみしめているのかも

しれないと気付くことができて、

リラックスできるようになりますよ。

やはり笑顔は大事なんですね。

一昔前ですが、NBAでは舌を出して

プレイしていた選手もいます。

NBA選手がやっていたことで、

一時流行ました。

舌を出すことでリラックス効果が

生まれ効率がアップするという

ことが科学的にも立証され、

ニュースにもなったくらいでした。

しかし、舌を出すという行為は

バカにしているのか? など

好印象ではなくなってしまいます。

でも、舌を出さなくても笑顔で

いれば、雰囲気はすごく良くなり

好印象になりますよね。

奥歯をかみしめるかかみしめないか

だけでも変わってくるので、顔から

リラックスできるように練習して

おきましょうね。

ちなみに唇をかみしめたり、への字に

してしまうだけでも力が入ってしまいますよ。

顔ヨガで幸運をつかむ 口角アップで運気もアップ! (才色こまち) (単行本・ムック) / 間々田佳子/監修

価格:1,543円
(2016/6/5 07:56時点)

style="display:block"

data-ad-client="ca-pub-1334998671438318"

data-ad-slot="9828201654"

data-ad-format="auto">