マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

入水時に注意!

こんにちは、カーミンです。 いつもお読みいただきありがとう ございます。 この考え方は人によって様々なので 間違いではないのですが、現在では 入水時には遠くに置くだけというのが、 主流になっています。 あっ、説明不足でしたね。 水を押して(プッシュ)手を前に伸ばす ときの入り方のことです。 教科書通りだと小指から出して、親指から 入れると書かれていますが、このときの 親指から入れるところに着目していきます。 教科書通りだと親指から入るのですが、 この辺はだいたい中指から入ったりと 自然体で入れていくこともありますので、 どちらでも構いません。 角度をつけたほうが水の抵抗を受けにくい ・・・と説明をしてしまうと良く入水時に やってしまうのが、指先を床に向けて突っ込んで しまうパターン。 これをやってしまうと水の抵抗を受けて しまうので、指先はまっすぐに向けて、 水にそっと置くというイメージを持って 入水すると、意外と伸びが多くなり ストロークも少ない数で泳げます。 指先が床に向いて突っ込んでしまうと いう方は、親指から入水するという 教科書通りのことをしたほうが良いかも しれません。 親指から入るように意識をすれば、 入水時に指先が床に向かないので、 そっと水を滑るように置いてくる ことができます。 これは4泳法全て共通です。 一昔前は、速く泳ぎたいときは 入水の時は突っ込めという指示も 多かったので、間違いではないのですが、 水の抵抗をかなり受けるということも 頭の片隅に置いていただくとありがたいです。 細かいところでも水の抵抗を少しでも 減らせるので、なるべく減らした泳ぎを しましょう。

4泳法をマスターする! 水泳 練習メニュー200 (池田書店のスポーツ練習メニューシリーズ)

新品価格
¥1,620から
(2016/5/31 21:02時点)