マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

思考を変えてより高いパフォーマンスを

皆さん、こんにちは。

カーミンです。

スポーツ以外でも役に立つ

ものなので、思考術を学ぶ

ことも大切だなぁと感じ、

最近は思考術を勉強し始め

ました。

特に参考にしているのが、

引き寄せの法則です。

水泳と同じくいろいろな

方法があって面白いです。

こうやって、いろいろな方法を

探して自分に合うやり方を見つけて

いけば良いわけです。

思考を変えるというのはかなり

難しいものなんですよね。

時にはマイナス思考に陥って

暗くなってしまったり、いつも

以上にうまくいって、大喜びしたりと

思考は面白いようにいろんなことが

あります。

私は凄く不思議だなぁと感じる

ことがあります。

それは、水泳をやっているとき

にもよく感じることなんです。

私は私なりに泳いでいますが、

全然速くないし、上手でもないです。

むしろ速く泳げるようになりたいし、

もっときれいな泳ぎもしたいと思う

こともあります。

それでも、やはりマスターズの大会に

向けて練習しているから、レベルとしては、

上級者なのでしょう。

でも、このレベルって何を基準として

いるのでしょうか?

マスターズの大会に向けての練習で

泳ぎ込みをしているから、上級者と

いうわけでもないです。

でも、これがまだ、クロールを覚えたての

方にとっては、凄いなぁと思えるわけです。

思考によって見方も変わってしまうんです

よね。

クロールを覚えたての方にとっては、

マスターズの大会に向けて練習している

方を見るとなんで、あんなことできるの?

なんで、あんなに軽く泳いでいるように

見えるの??

そんな思考が出てきます。

しかし、これまた、マスターズ大会に

向けた練習をしている方は、とても

速い泳ぎを見ると、なんでこんなに

速く泳げるの? 

という思考が働くし、マスターズ大会に

向けて練習している方からすると、

クロールを覚えたての方を見て、

こんなことは簡単にできるよ~と

思ってしまうこともあります。

思考によって見え方が全く違って

くるんですよね。

それが深刻化してくるとマイナス

方向だけに思考が向いてしまう

こともあります。

それがだんだん人に当たって

しまったり、人のせいになったり

するんですよね。

そんな思考を変えるための方法が

引き寄せの法則だけでなくこの本

からも勉強できますよ。

今、予約受付中です。

引き出しの法則

style="display:block"

data-ad-client="ca-pub-1334998671438318"

data-ad-slot="6500484059"

data-ad-format="auto">