マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

思考法によりやり方は変わる

皆さん、こんにちは。

カーミンです。

熊本の皆様、復興に向けて

時にはリラックスさせながら、

前向きに行きましょうね。

さて、本日はメンタルのお話です。

思考術を学ぶ

メンタルは結局、思考によって

変わってくるんですね。

最近、私は自分の泳ぎが納得

いかなくて、あれこれ考えています。

コーチと相談しても、もう自分の

感覚の問題だから、少しずつ近づけて

いけるように確認しながら泳ぐしか

ないそうです。

が、そこで難問が・・・

このときの思考というのは、なかなか

抜け出させないんです。

102642.jpg

あれ? なんで一番良いときの

感覚が取り戻せないんだろう?

なんで、今日は水に乗れないの?

なんか、浮く位置が違うぞ?

頭の位置がズレている・・・

など、あれこれ考えてしまうのが、

普通の思考です。

こういう思考があっても良いのです。

良いのですが、ずっと引きずってしまうと

身体に出てしまって練習が終わるまで、

取り戻せなくなってしまうんですね。

私は結構考え込むタイプなので、

ずっと引きずって練習が終わるまで、

取り戻せないことが多いです。

なぜ?と疑問に思うことや感覚が

いつもと違うというのを感じることも

悪いことではありません。

しかし、これが続いてしまいます。

この思考を断ち切るにはどうすれば

良いのか・・・

冷静になって練習が終わると考え

られるようになるんですね。

練習中に切り替えることができれば、

一番良いのですが・・・

これは、自分自身を認めていない

ことになると私は考えています。

本当はこんなもんじゃない!

こんな自分の泳ぎはダメだ!

と拒否をしてしまうんですね。

これは一番いい時の泳ぎしか

認めないぞ!と脳は認識して

しまうんですね。

だから、一度は受け入れることが

大事なのですが、この受け入れ方も

難しいんです。

自分のメンタル面、体調面も含めて

毎日毎日同じようには泳げないと

いうことをまず、頭に入れておく

ことが大事で、今日はこういう感覚、

こういう泳ぎなのだと考え、ならば、

一番良い泳ぎではないけれど、今日の

できている泳ぎでベストを尽くすと

思考を切り替えることが大切なんです。

ゴールデンウィークも30日、1日は

泳いでいて、この思考の切り替えが

全然できなくて、水に乗れない、

水に乗れない・・・とずっと考え

過ぎてしまって、結局、取り戻せ

ませんでした。

こういう思考もいつもできるわけ

ではないのですが、やはり切り替える

思考も練習が必要なんです。

私はいつも思うのですが、

テクニックや技術もある程度は、

必要なのですが、本当に一番

必要なのはメンタル、つまり

思考方法なのだと、よく理解できた

のが、30日と1日の練習していた

ときでした。

心・技・体ですね。

思考方法が私には、足りないんですよね。

意外と(?)メンタル弱いですからね。

本当は大会とか参加となるとめっちゃ

緊張してしまいます。

泳ぎ始めちゃうと冷静になれますが・・・

でも、その日によって、やはりすぐに

思考が切り替えられないときもあります。

こんな時はやはり、スピードも上がらないし、

身体の動きも鈍いです。

もし、タイムが上がらない、楽に泳げない

と悩んでいる方はまず思考を変える方法を

学んでみてはいかがでしょうか?

思考方法を学ぶとスポーツだけでなく、

会社でも役に立ちますし、勉強でも

前向きに取り組むことができるように

なりますよ。

思考術を学ぶ