マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

意外と呼吸のことはあまり教えません

ようこそ、お越しくださいました。 カーミンです。 突然ですが、皆さんは水泳をするとき、 呼吸を詳しく教わることはありましたか? ちなみに私は呼吸を教えてもらいましたが、 本当に徹底した呼吸を教わった記憶は ないんです。 実は、水泳だけではないですが、スポーツに おいて(筋トレや体幹トレーニングを含む) 呼吸は大事なものです。 特に吐くことが大事なんです。 吐くことで筋肉にリラックスをする ことを働きかけます。 そうすると、無駄に力が入ることなく 身体を動かすことができます。 呼吸を教わるとき、水泳では吐くことを 意識してとか鼻からブクブクとして、 口からパーッと吐く。 これが基本なので、この基本の呼吸は 何度も教わってきたと思います。 でも、この基本の呼吸動作だけでは、 苦しかったりしますよね。 本当は凄く呼吸動作は大事なのに、 サッと流してしまうんですね。

呼吸泳本―呼吸を変えるだけで速くなる

上記の本は呼吸を徹底して解説して います。 呼吸を変えるだけでも泳ぎが速くなる そうですよ。 呼吸ひとつにしても、人それぞれ違って きます。 だから、絶対ではないですが参考に なれば幸いです。 吐くことに重視しようといっても、 リズムなどもあるので、どうしたら いいの?ということになります。 これは私の一つの方法なので、合わなければ 切り捨ててくださいね。 顔が水の中にあるとき、普段は自然に 鼻から出るような感じにして、意図的に 吐くことはしません。でも、速く泳ぐとき、 力を入れたいときは最初は止めていますが、 息継ぎをする寸前で息を強く鼻から吐き出し ます。でも、鼻からだけでは力が入ってしまう ので、まずは口を緩めて少し開いた状態に しておきます。 そして、クイックターンするときには、 回っているときに鼻から吐き出し、壁を 蹴るときは一瞬止めます。 そして、壁を蹴った後、また鼻から吐き 出します。 それが一番、私にとって楽なやり方です。 でも、私も完全なものになっていないので、 このやり方ができないことがあります。 先ほど紹介した呼吸泳本 にもあるのですが、呼吸を止めるということも ポイントだそうです。 姿勢も大事なのですが、姿勢より一番大事な ものが呼吸です。 呼吸法をしっかり学んでいくことで、泳ぎが 変わってきますよ。

呼吸泳本―呼吸を変えるだけで速くなる