マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

水泳のための体幹を鍛える

お越しいただきありがとう

ございます。

こんにちは、カーミンです。

本日は、体幹についてお話します。

体幹は胴体部分のことを言いますが、

表の部分ではなく奥深くにある見えない

筋肉なんです。

だから、なかなか変化も見えません。

でも、体幹を鍛えるだけで楽に

泳げるようになるし、浮く位置が

変わってきます。

そして、いざという時に出るパワーも

強くなります。

でも、体幹もポイントがあります。

トレーニングするときはなるべく

水泳の時の姿勢と同じような姿勢を

するとより水泳に近くなるので、

良いのです。

体幹トレーニングは、水泳には

ベストなんですね。

基本の体幹トレーニングは、

水泳に似た姿勢でできるんです。

例えば、プランクというのが

ありますが、あれはうつ伏せになって

腰を持ちあげる姿勢になるんです。

この形を身体が覚えてくると浮くように

なり、楽に泳げるようになるんです。

体幹トレーニングの本がありますので、

体幹トレーニングのメニューは下記を

ご覧下さい。

4泳法がもっと楽に!速く!泳げるようになる水泳体幹トレーニング [ 小泉圭介 ]

また、慣れてきたらアレンジして

足を上げたり、足と手を体格に

伸ばしてみたり、足を動かして

みたりといろいろ応用を効かせると、

動かし方もわかってくるので、

更に水泳に活かせますよ。

水泳には水泳の体幹トレーニングと

いうものが存在します。

でも、基本のプランク、サイドブリッジ、

バッグブリッジは本当にストリームラインと

同じ姿勢になることができます。

だから、この基本をまずはマスターする

ことをオススメします。

そして、これらの基本は体幹トレーニングを

するときは必ず行いましょう。

応用したものは必ずやらなくてよいです。

それよりも基本が大事なので、基本を

しっかりと行いましょう。

基本をマスターしてから水泳の体幹

トレーニングをしていきましょう。

水泳のための体幹トレーニング