マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

年齢が・・・といってやらないパターン

皆さん、こんにちは。

いつもお越しいただき

ありがとうございます。

熊本地震での被害が今も

続いていますが、気を

強く持って協力しあって

乗り越えましょう。

皆さんは強いですから。

一日も早い復興をお祈り

いたします。

年齢によって確かに練習方法や

泳ぎ方を変えないと身体に負担が

かかります。

練習メニューに関しても厳しすぎると

辛いかもしれません。

でも、私の考え方は違います。

マスターズのような大会を目指す

練習であれば、厳しいメニューも

あります。

それも年齢のせいにして、これは

若い子にしかできないって。

体壊すって・・・

と、言っている方が多いのですが、

それは違います。

もし、厳しいメニューで身体を壊す、

筋肉痛が・・・となるのは、泳ぎ方が

身体を痛める泳ぎ方をしているから

です。

swimming_butterfly.png

年齢のせいにしない

凄く体が痛い・・・

この練習は若い子向けでこの年齢じゃ

できないよ・・・

この気持ちを持っていると、だんだんと

潜在意識に刷り込まれていきます。

私が感じるのは、そういう人に限って

タイムを気にするんです。

そんなにタイムを縮めたいのであれば、

年齢のせいにせず、少し厳しくても

練習するべきです。

この年齢じゃできないよ・・・とか

そういう思いのまま、厳しい練習を

してもタイムは縮みません。

自己ベストも出せません。

そして、何故かわかっているんです。

スピード練習をしないと速くならない

ということを。

でも、やらないんです。

こういう時は、年齢は関係ありません。

厳しい練習で身体を痛めるのにも

理由がある

筋肉痛は、普段使わない筋肉が目覚めた

証拠なんです。

だから、そこで痛くなったからとやめて

しまったら、使えるようになる筋肉が

また眠ってしまいます。

そうすると、眠ったままで身体を

動かすと痛くなりケガをします。

また、泳いでいる最中に痛くなると

いうことは泳ぎ方が身体の負担に

なる使い方、自分に合っていない

泳ぎ方をしているだけです。

それでもタイムを縮めたいという

のであれば・・・

もっと厳しい言い方で申し訳ございません。

弱い部分を強化するトレーニングを

すること

だと思います。この弱い部分を強化する

トレーニングは泳ぐだけでは強化できない

ので、筋トレや体幹トレーニングをする

ことです。

今回は厳しいことを言ってしまいましたが、

申し訳ございません。

確かに年齢によってトレーニング方法や

泳ぎ方を変えていくことは大切です。

でも、だからといって厳しい練習メニューは

年齢的に無理だよ・・・というのも違います。

なんでもかんでも年齢が・・・と年齢の

せいにしがちなのですが、でも、本当は

年齢って関係ないんです。

年を取っていても凄い人は凄いですからね。

だから、年齢ではなくメンタルの問題だと

私は思います。

年齢が高くなれば更年期などもある

かと思いますが、やはりメンタルを

強く持たないといけない気がします。

年齢は関係なく、厳しい練習もメンタルも

鍛えられると良いですね。

私は皆様に楽しく泳いでもらいたいですが、

もし、タイムを縮めたいと思うのであれば、

厳しさも必要だと思うので、厳しさも

お伝えしました。

厳しさも含めて楽しいと思えるように

なることを願っています。

メンタルトレーニングの基礎 [ 石村宇佐一 ]

style="display:block"

data-ad-client="ca-pub-1334998671438318"

data-ad-slot="5476566053"

data-ad-format="auto">