マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】≪自己啓発≫疲労回復のために休むこともトレーニングと同じくらい大事

皆さん、こんにちは。

いつもお読みいただき
ありがとうございます。

皆さんはきちんと疲労回復のための
休みを取っていますか?

疲労回復のためには、ただ家で
ゴロゴロしているだけでは、疲労回復
できないということをご存知ですか?

疲労回復というのは、トレーニングと
同じくらい大事なものなのです。

もちろん、水泳の練習をした後も、
疲労回復が必要です。

疲労回復させるためには、軽く身体を
動かすこと。

水泳に限らないですが、トレーニングの
後はクールダウンをしますよね。

これで身体をリラックスさせて疲労回復を
させるのです。

水泳でいうとゆっくり泳いで、手を天井に向けて
上げてブラブラブラ~と振ると溜まった乳酸を
取ることができます。

また、ストレッチやマッサージで疲労回復を
させることもできます。

でも、そういうことは忘れがちです。

例えばお風呂に入るのも疲労回復になります。
ハードな練習の後は身体を冷やしてからお風呂に
入るというのも疲労回復には良いです。

そして、疲労回復のカギは炭水化物とタンパク質です。
炭水化物はエネルギーになるので、そのエネルギーが
不足してしまっては、いくら筋力があっても力が出ません。

疲労がたまったままだと、結局、水泳であればスピードは
アップしません。

きちんと疲労回復のために休むことも必要です。

ただし、全く動かないというわけではなく、ストレッチや
マッサージなど身体をゆっくり動かすことで疲労回復
させます。

疲労回復しなかった場合、集中力も記憶力も低下するし、
ダラダラした練習になってしまい、余計に疲れてしまって
精神的にもだんだんマイナスへと向かっていきます。

トレーニングをしたら、その倍に身体のケアをする。
そのくらい、疲労回復は大事なものなのです。

怠っていませんか?

ハードなトレーニングが好きならやっても良いですが、
その倍、身体のケアをして疲労回復をさせましょう。

疲労回復しないと筋肉もつきません。

疲労回復させるときは疲労回復を徹底して、トレーニングを
するときにはトレーニングに集中しましょう。

睡眠も大事な要素です。

睡眠なしでは疲労回復はできません。

これは普段の仕事でも同じことです。

疲労回復も徹底して行わないと、ミスが多く
なります。

そうなってくると要領も悪くなりますし、
仕事がダラダラになってしまいます。

だからといって仕事だと断りずらくなってしまう
ことも多いですよね。

断れずに残業続きになってしまったりとか、
長時間勤務になってしまったりとなってしまうと、
身体の回復をするどころか、自分の体がもたなく
なってしまいます。

だから、疲労回復も仕事と同じくらい大事と
いえます。

仕事も大事なのですが、断る勇気をもって
断り、疲労回復の時間を少しでも良いので
とりましょう。

ちなみにトレーニングも仕事もそうですが、
合間、合間にストレッチやマッサージを入れて
おくこともGOODです。

全て終わった後だけでなく、トレーニングや
仕事の間にもストレッチやマッサージを入れて
いきましょう。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

疲労回復は非常に大事なので、しっかりとした
疲労回復法を学んで、スポーツに仕事に役に
立てていきましょう。

休みをしっかりとって疲労回復をしましょう



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本日もお付き合い頂き
ありがとうございました。

疑問やメッセージなどは、
記事のコメント欄やサイドバー
にあるメッセージから気軽に
お問い合わせください。