マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】泳ぐときどう使う?体幹の使い方

皆さん、こんにちは。

いつもお読みいただき
ありがとうございます。

さてさて、前回体幹の使い方を
シェアしましたが、今回は水泳では
どう体幹を使うかを考えてみたいと
思います。

水泳を行う上での参考にしてみて
下さいね。

体幹はお腹周りを中心に鍛えることで、
強化していきますが、身体の前側だけ
でなく後ろ側にも力を入れることが重要
なんですね。

ただし、これをずっとキープしていくのは
かなり難しいです。

ずっとキープするには相当、体幹
強化しなくてはしんどいと思います。

キープできる時間が長くなれば身体の
ブレも減るので良いのですが、緊張
しっぱなしになってしまうので、緩める
ことも大事です。

通常、陸では足を踏み込むときにお腹
周りに力が入ればOKなのですが、水泳は
水の中にいます。

そして、スタート時にしっかりとストリームラインを
作らないと、ストリームラインが作れなくなって
しまいます。

ということで、スタート時にも体幹を使って
ストリームラインを作ることが大事です。

さて、ストリームラインを作るときはお腹周りに
力を入れればOKですが、泳いでいる最中に
ずっとキープできるかというと、ずっとはできません。

ということで、泳いでいる最中にどうやって
体幹を安定させて、お腹周りの筋肉を使うのか、
考えてみました。

泳ぎでいえば、踏み込むときってわかりずらい
ですよね。水泳で踏み込むときというと、ストローク
プッシュしたときが一番進むので、そこがポイント
かもしれません。

プッシュしたときこそ、踏み込むことと同じことなのか
と考えました。

が、そのタイミングが合うかどうかというと合わない
気がします。

そして、もう一つの方法を考えてみると・・・

かきはじめです。結構力を入れたいとき、私は
かきはじめにお腹にギュっと力を入れることが
多いんです。そして、腿に手が触れた時に一気に
吐き出し、息継ぎをするというスタイルのときが
多いので、その時にお腹だけでなくしっかり後ろ側、
腰を意識するほうが良いのかもしれません。

それか、手を伸ばしたときにお腹周りに力を入れる
という方法もあります。

プッシュの時も進みますが、腕を伸ばすことでも
進みやすくなりますので、そこを利用してお腹周りに
力を入れてみます。

どの方法が一番しっくりくるのか、わかりませんが、
それぞれに合ったタイミングでお腹周りに力を入れる
のが一番です。

私も、もっと試してみないとどれが良いのかわかりません。

でも、必ず自分に合ったタイミングというのも存在するので、
ぜひ、試してみましょう。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

水泳のトレーニングで使う体幹を鍛えることが
できます。やはり体幹トレーニングにも基本は
ありますが、それぞれの種目によってその種目に
近い体幹トレーニングというのも重要になって
いきます。基本形の体幹トレーニングに加えて、
水泳に特化した体幹トレーニングもしていきましょう。

水泳に特化した体幹トレーニングで速く泳げるようになる!



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本日もお付き合い頂き
ありがとうございました。

疑問やメッセージなどは、
記事のコメント欄やサイドバー
にあるメッセージから気軽に
お問い合わせください。