マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】姿勢をチェック!体幹を使えるようにする姿勢とは?

皆さん、こんにちは。

いつもお読みいただき
ありがとうございます。

突然ですが、改めて水泳を行って
いる皆様にお聞きします。

姿勢のチェックを行っていますか?

姿勢ができていないと体幹
使えないまま泳ぐことになって
しまいますので、もったいないです。

体幹を使って泳いだほうが、速く
楽に泳げるんです。

ぜひ、体幹を使って泳ぎたいですよね。

体幹を使って泳ぐと、まず水に乗って
いる感覚が得られます。

イメージとしてはサーフィンをやるとき、
ボードにうつ伏せになって助走をつける
あの姿勢に近いですね。

また、ここぞという時にスピードを上げられる
ようになります。

そして、びっくりするくらい推進力を感じることが
できて、楽にスーッっと伸びているというか、
進んでいるという感覚があります。

私が本当にやっていて実感したことです。

やっぱり体幹・・・コアトレが必要なんです。

おへそ周りを鍛えるとそれだけパワーを
発揮できるんですね。

おへそ周りというのは、ろっ骨や鳩尾も
関係してきて、肋骨や鳩尾を凹ますイメージで
泳ぐとお腹に力が入り、グーンとパワーが出る
ようになるんですね。

それは、ターンするときもそうです。

クイックターンをするときは、特にお腹に力を
入れていると強く壁を蹴ることができます。

クイックターンの時は、私もまだまだ意識が
できず、お腹を緩めてしまうんですが・・・

コアトレを続けていると、常におへそ周りを
凹ませることができるようになります。

また、日頃からドローインをしておくと体幹
鍛えられます。

ドローインはコアトレの基本ですからね。

かといって、筋肉が緊張してしまうほど、
力を入れ過ぎてもいけません。

絶妙なバランスが良いのです。

そこが難しいところなんですが、コアトレを
しておくとバランスもわかってきます。

というわけで、コアトレでおへそ周りを
鍛えて姿勢を正して、楽に速く泳ぎましょう。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

楽に速く泳げるようになりたい方は、コアトレ
しましょう。

コアは体の幹ですので、幹が強くなければ
身体を支えることもできません。

幹が強いからこそ、身体を支えられます。

身体の深層部にある筋肉、それがコアです。
体の中の筋肉ですね。それが幹なら身体の
外は枝なんです。枝は幹が強くないと折れて
しまいますね。

そうならないためにもコアトレは必要です。

アスリートの方に最適なコアトレはこちらから



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本日もお付き合い頂き
ありがとうございました。

疑問やメッセージなどは、
記事のコメント欄やサイドバー
にあるメッセージから気軽に
お問い合わせください。