マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】姿勢が大事!スタート時にしっかり姿勢はできていますか?

皆さん、こんにちは。

いつもお読みいただき
ありがとうございます。

さて、昨日、一昨日と私はジムで
水泳の練習をしていました。

あるレッスンを受けて、姿勢を
しっかり整えるということをテーマに
スタート時の姿勢を作る練習をしました。

スタート時の練習なので、ただストリーム
ラインを作るだけではありません。

水の中で姿勢を作ります。

まぁ、簡単に言うと潜水です。

潜水できちんとしたストリームラインを
作るとき、かなり腹筋を使うそうです。

だから、潜水でバタ足の練習や潜水で
ドルフィンキックの練習をしました。

潜水での姿勢は長ければ、長いほど
腹筋が強いと言えるでしょう。

また、25mやってみるとわかりますが、
25mいける方はそのまま行ってしまっても
良いです。

ただ、無理はしないでください。

25m息継ぎなしでできれば、姿勢はあまり
乱れることがないので、最初に作って
おけば、キープしやすいのですが・・・

途中で息継ぎを入れるとき、潜水なので
一度、立ってから再び、潜水でバタ足、
ドルフィンキックをしても良いです。

注意してほしいのは、立った時にもう一度、
潜水しようとすると、身体が斜めになり、
上半身は沈んでいるけれど、足は浮いて
きてしまうということがあります。

それでは意味がないので、しっかり潜水で
姿勢を作ってみましょう。

スタート時のポイントは姿勢を作ることでも
ありますが、ドルフィン、バタ足をするときに、
上半身が揺れないこと。

これが重要です。上半身が揺れるということは、
身体がブレている証拠なので、正しい姿勢が
作れていないということになります。

なかなか難しいですよ。

私でも上半身が揺れてしまいますからね。

でも、改めて姿勢は大事だということを
再認識しました。

そして、このスタートがしっかりできるように
なるだけで、タイムを1秒、2秒縮めることが
できるんですよ~

凄いですよね。スポーツの世界ではたった、
1秒、2秒というのは本当に大きいです。

あまり、やり過ぎても遅くなってしまうのですが、
浮き上がりがフラットのままで浮き上がってくると
速くなります。

だけど、浮き上がりが斜めに身体を傾ける
ような形で浮き上がってしまうとその分、
遅くなってしまうそうなので、ここも気を
つけたいところです。

姿勢をしっかり整えることが大切です。

スタートが肝心ですよ。

また、水泳では自分でも気づきがあったので、
気づきがあると凄く嬉しいです。

水泳に関して気づきがあったことに本当に
感謝です。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

姿勢を整えることが大切な水泳ですが、
その姿勢を整えるために必要なのが、
体幹です。

体幹は腹筋だけではいけません。

腹筋が中心なのですが、体幹とは
胴体部分を指します。

ということは、胸、鳩尾、背中、腰を
使ってこそ、しっかりとした姿勢を
作ることができます。

その為の体幹もしっかりトレーニング
して強化しておきましょう。

▼体幹はチューブでも鍛えられます



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本日もお付き合い頂き
ありがとうございました。


疑問やメッセージなどは、
記事のコメント欄やサイドバー
にあるメッセージから気軽に
お問い合わせください。