マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【エクササイズ・体幹】体幹と骨盤の関係は・・・

いつもご訪問いただき、ありがとう
ございます。

本日は体幹トレーニングのことに
ついてちょっと触れてみようと思います。

体幹トレーニングをするとき、意識を
するところはどこですか?

と聞かれたら、大抵は腹筋を意識しますと
答えるでしょう。

確かに体幹トレーニングは腹筋が一番、
大事になります。

でも、だからといって体幹とは胴体部分の
ことを言いますから、お腹だけ意識すれば
良いというものでもないんですね。

体幹は本当は胴体部分を意識すると
いったほうが正しいかもしれません。

ただ、やはり主流となってくるのは腹筋なので、
腹筋を意識して体幹トレーニングをやって
欲しいのですが、きちんと理解して行わないと、
腰を痛める原因にもなります。

お腹をグッと凹ませると腰への負担を減らす
ことができるのですが・・・

骨盤も大事になってきます。

お腹だけ凹まそうとすると腰を痛めてしまいます。

というより、私がそうなのです。

体幹トレーニングの基本中の基本、ブランクと
いうトレーニングがありますね。

これもきちんとした姿勢でないと腰を痛めます。

私も姿勢が悪いのかもしれません。

かなり腰が痛くなります。そこで、たまたま
本屋で体幹の本を読んでいると・・・

骨盤と体幹の関係が解説してありました。
正確には仙骨というところをしめるそうです。

そうするとお腹も凹ませることができるよう
です。

仙骨をしめるといっても良くわかりませんよね。
私も良くわかっていません(笑)

本に出ていたのは、仰向けになったときに
腰と床の間に隙間ができると思うのですが、
その隙間ができないように床に腰を押しつける
ようにするその姿勢が正しい姿勢なんだそうです。

この姿勢をしながら、体幹トレーニングをすると
良いそうです。

体幹トレーニングは大事だけど、それでも姿勢を
きちんとしないと効果はないんですね。

再度、姿勢を確認しながら行うと良いかも
しれませんね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

先ほど記事で書いた体幹の本です。
7つのポイントさえ、押さえてておけば
体幹トレーニングの効果が上がる
そうです。

7つのポイントのうちの一つが、
骨盤を締めることなんです。

ポイントをしっかり押さえておきましょう。

7つのポイントを意識するだけで体幹が変わる