マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】クロールと背泳ぎでのキックは同じだけど重視するところは違います

皆さん、こんにちは。

記事タイトルを見て、えぇぇ?!
と思った方もいるかと思います。

私も同じだと思っていましたが、
クロールと背泳ぎでキックの
ポイントが違ってきます。

それは何故かというと、うつ伏せと
仰向けで楽なキックが違ってくる
のです。

私の場合は、クロールのキックを
打つときは上げすぎてストローク
タイミングが合わなくなり、更に
キックが固くなってしまうため、
下げるほうを意識したほうが良いと
アドバイスされました。

しかし、今のクロールのキックで
重視するところは、上げるほう、
つまりアップキックなんです。

これが速く泳げるキックなんだ
そうです。

コーチもクロールのキックでは、
アップキック、上げるほうを意識
してくださいと最近は言います。

では、背泳ぎはどうなのかと
いうと、背泳ぎはダウンキック、
つまり下げるほうを重視します。

背泳ぎの場合、アップキックは
自然に上がってくるので、意識
しなくてもよいそうです。

ここで背泳ぎでもクロールでも
共通するキックのポイントに
気が付きましたか?

クロールのキックはアップキック、
背泳ぎはダウンキックを重視
するんでしたよね。

クロールのアップキックも、
背泳ぎのダウンキックも足を
引き寄せる動作です。

引きつける動作といっても
ピンッとこないですよね。

クロールのアップキックは、
軽く膝を曲げていきますよね。
それを引きつけるといいます。

背泳ぎのダウンキックは、下げる
ときに軽く膝を曲げます。

背泳ぎの場合は、下げるときに
軽く膝が曲がるときのことを引き
つけるといいます。

つまり、キックをするときに膝が
軽く曲がることを引きつけると
いいます。

クロールではキックをするときに
軽く膝を曲げる動作はアップキック
の時に行いますよね。

背泳ぎは軽く膝を曲げる動作は、
ダウンキックの時に行います。

ということは、膝を軽く曲げること、
つまり引きつけることを重視します。

すみません、記事だけではうまく
説明ができていませんね。

わけがわからないよ~と思ったら、
スルーして構いません。

クロールはアップキック、背泳ぎは
ダウンキックを重視するということだけ
頭の片隅に入れておいていただければ
と思います。

水泳って奥が深すぎて、あれこれと
新たなことが発見できます。

こういうふうに奥深く知り、新たな発見を
するともっと水泳が楽しくなりますよね。

それでは本日もお読みいただきありがとう
ございました。

水泳ができること、水泳を楽しめていることに
感謝いたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

意外と普通にスポーツショップとかで売って
いるarenaのゴーグルは、顔にフィットせず、
スタートの飛び込み時にゴーグルがズレて
しまう・・・なんてことが多いんですが、この
arenaのゴーグルは結構、顔にフィットします。

また、クッションがあるので目の周りも痛く
なりません。

そして、トップスイマーも着用している優れた
ゴーグルです。代表的なのは、北島康介です。

トップスイマーも着用!arena ゴーグル