マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

自己啓発ー集中力を高め、リラックスもできるレゾナンス呼吸

レゾナンス呼吸というのを一度、
記事にも下ことがありますが、
これはサッカーのACミラン
チームが取り入れている呼吸
です。

メンタルトレーニングの一種
なんですが、あまり知られて
いません。

私も最近、緊張と呼吸について
調べていてネットで知ったくらい
です。

興味を持って調べてみると、
トップアスリートも結構、
行っているようです。

でも、これもトレーニングが
必要で日頃からレゾナンス
呼吸を意識しないとできない
ものです。

レゾナンス呼吸というのは、
5秒で吸って5秒で吐くの
ですが、ポイントがあります。

腹式呼吸、胸式呼吸とかで
行うというのではなく、自分の
心臓に意識を向けます。

自分の心臓の動きを感じると
リラックス&集中力が高まる
そうです。

新しい呼吸法が出てきたもの
ですね。

トップアスリートの中では、かなり
知られているようですが、一般的
には全然知られていない呼吸法
です。

でも、このレゾナンス呼吸法を
習得すると集中力を高められる
と言いましたが、もっと高い集中力、
ゾーンという状態になります。

ゾーンという言葉は聞いたことが
あるかもしれません。

ゾーン状態になると人によって
様々です。

周りの声が聞こえなかった
という一例があります。

レゾナンス呼吸法を学んで、やって
みると良いかもしれませんね。

普通に腹式呼吸とか胸式呼吸などを
していると意外と苦しくなったりして、
リラックスに良いとされていることが、
出来なかったりしますよね。

レゾナンス呼吸というのは腹式呼吸
胸式呼吸など考えず、ただ5秒吸って
5秒吐くだけで良いのです。

意識するところは心臓で、自分の
心臓を感じながら行うので、苦しく
呼吸をするということもないです。

一応、基本は5秒となっていますが、
自分の心臓に意識を持っていくことが
できて感じながら呼吸ができれば、
全然、秒数はあまり、こだわらなくても
良いでしょう。

レゾナンスというのは共鳴、同調という
意味がありますが、心臓のリズムを
感じながら・・・という意味にとらえて
いるようです。

自分の心臓を感じながら、呼吸を
することで安心するようです。

胎児の時とかに聞いているから
安心できるのかもしれませんね。

だから心臓のリズムを感じながら、
呼吸すると良いのかもしれませんよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ゾーン状態を作り出す方法というのも
あります。
これは脳の科学者やトップアスリートが
良くゾーン状態に入ると言われています。
一般的にはあまり知られないですが、
最近はバラエティーなどでトップアスリートが
出ると、ゾーン状態というのを聞く機会が
多くなりました。
今は、身体を鍛えればメンタルも鍛えられる
という時代ではなくなってきているのかも
しれません。
ある程度は、身体を鍛えればメンタルも
鍛えられますが、でも、メンタル面は
メンタル面で鍛えることをオススメします。

ゾーン状態に入ると脳には何が起きるのか?