マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】バタフライでの頭、視線を意識してみよう

バタフライのレッスンを受けてもう一つ、
気が付いたことがあります

前回、バタフライのプルについて
お話しさせていただきました

▶▶バタフライのプルについての記事はこちら

そして、頭の位置と視線のことに
ついてもポイントがあります

頭の位置と視線を意識していますか

いろいろ意識することがあり過ぎて、
なかなか全部はできないということも
ありますよね

私も全部は意識できないですから、
大丈夫です

ただ、泳ぐときに一つだけ意識する
だけでも、全く泳いでいる感覚が
変わってきます。そのためにタッチが
合わなくなったりすることもあります

でも、自分にとってやり易い方法を
見つけていくには必要なことなのです

その中で、今回は頭と視線の位置を
意識してみます

これ、コーチも説明が難しかったようで、
最初、私も理解できませんでしたが、
納得しました

これからご紹介する方法は平泳ぎにも
使えますので、平泳ぎでも試してみて
下さいね

まず、頭と視線だけで段階的に
説明すると・・・

下を向く⇒前を向く⇒息継ぎという
順番になります

もちろん、スピードを競うのであれば、
息継ぎを減らしたいので、毎回呼吸では
ないと思いますが、毎回呼吸でないときも
頭と視線の位置は先ほどの段階で行います

つまり、息継ぎを入れない場合でも必ず、
下を向く⇒前を向くということをしないと、
水の抵抗を受けることになってしまいます

そして、何より下を向く⇒前を向くという
ことをすることで、伸びる時間を作れます

水泳の摩訶不思議なのですが、息継ぎは
タイミングを遅くすることで楽になりますが、
伸びる時間を長くすることで推進力は増す
という特徴があるんですよね

あっ、そうそう、頭の位置と視線だけ言われても、
ピンっと来ないよ

なんて突っ込まれないように、更に詳しく解説
していきます

頭の位置、視線の位置はわかりましたね

泳ぎの中でどうやって取り入れていくかが
問題なんですよね

これを説明するのは、本当に難しいので、
息継ぎの後から説明します

息継ぎをした後は手を前に伸ばすのと
ほぼ同時に頭を入れますよね

その時には下を向きます

手を前に伸ばすのと同時に頭を入れる
といっても、段階的に言うと実は、頭が
先に入って、手が伸びるという順番なので、
頭と視線が先行します

息継ぎをして手を伸ばすと同時に頭を
入れて下を向いたら、今度はまた手を
回し始めますね。その時に前を向きます

そして、プッシュするのと同時に息継ぎを
していきます

これが一連の動作です

息継ぎを毎回しないという方は、前を向いて
手が前に伸びるのと同時に頭を入れて下を
向きます

平泳ぎもそうですが、頭と視線が先行する
ことで、水の抵抗を減らし、伸びる時間を
作り、楽に泳げます

渡部香生子選手も泳ぐときの視線に
ついて触れていたことがあります

平泳ぎを得意とする渡部香生子選手ですが、
平泳ぎでも前を向く姿勢で泳ぐことで、抵抗を
減らしているそうです

厳密には斜め前を向くと良いようですが、
これは首に負担がかかってしまうという
こともあります

そのため、肩を鍛えているそうですよ

もちろん、一番は体幹ですよ~

さて、簡単に頭の位置や視線で前を向く、
頭を入れて下を向くということをお話し
しましたが、その中でも自分に合った
位置というのが存在します

下を向くといっても、どのくらいの頭を
入れるとちょうど良いのか、前を向くと
いってもどのくらいが良いのか・・・と
いうのは、自分自身で見つけていくことが
大事です

ちなみに私は視線を前に向けるときは、
結構前を見ていると思います

前で泳いでいる方の足を見ています

皆さんも自分に合った泳ぎ方見つけて
見てくださいね

【PR】
クッションが入っているから目の周りを
痛めないSPEEDOのスイムゴーグル。
顔のフィット感はもちろんのこと、ゴーグルの
ゴムにはメモリがついていて、調整しやすく
なっています。普段、SPEEDOのスイム
ゴーグルはあまり見かけないですが、実は
機能性が高いですよ。ぜひ、試してみては。

▶▶目の周りが痛くならないクッション付きのスイムゴーグルはこちら