マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】テクニックとパワーのバランス

ゆっくりとスカーリング練習を
していると、水が滑らかに
流れていることを確認できます。


swimming_butterfly

渦を巻く状態ができれば、スカーリング
上手にできている証拠ですが、意外と
なかなか難しいんですよね。

バランスよく内側、外側にきちんと水を
押せていないと、水の流れをよけることが
できないため、水の抵抗をかなり受けて
しまいます。

渦を巻くと水の流れにへこみができ、
そのへこみをくぐり抜けて進むと、水の
抵抗を軽減するという仕組みになって
います。

ここでは、凄く簡単に説明しています。

パワー系でやってしまう方は、意外と
スカーリング動作は難しいかもしれない
ですね。

パワーがあると、水の抵抗も力でねじ
伏せることができますしね。

ちょっと言い方は悪いですが・・・

私もどちらかというとパワー系で
強引に行こうとするほうなので、
スカーリングが苦手なのかも
しれません。

スカーリングは泳ぐ上でのテクニックに
なります。

パワーだけでは限界がありますから、
やはりテクニックは必要なので、きちんと
スカーリングの練習も取り入れるとGOOD
です。

パワーだけだと限界もありますが、無駄な
エネルギーを消費してしまうこともあります。

だから、パワーだけでいくというのも疲労度が
多くなってしまうんですね。

かといって、パワーがなくて、テクニックだけと
いうわけにもいきません。テクニックはうまく
ても、いざという時にパワーがなければ、
爆発的な瞬発力やスピードは出なくなって
しまいます。

だから、どちらかを強化すれば良いという
ではなくて、バランスが大事です。

なんでもバランスなんですね。

だから、バランスよくテクニックもパワー系も
トレーニングすることが速くなるための近道と
いえます。

そのテクニックを身につける一つの練習方法と
して、スカーリングがあるわけです。

もちろん、ゆっくり泳ぎたいとか長く泳ぎたいと
いう方も同じです。まぁ、パワー系というか、
持久力が大事になりますが・・・

ゆっくり泳ぐのも速く泳ぐのも、やはりパワーと
テクニック、両方が必要となります。

だからといって、自分にはないテクニックや
パワーで無理矢理やろうとするのも、これも
また違ってきます。

それはただ、ケガするだけですからね。

こういう時にもバランスが大事ですね。

自分の今持っているテクニックとパワーで
修正できるものを修正し、泳いでいくことが、
自分に合った泳ぎ方になります。

自分の泳ぎ方を研究してみるのも良いですね。

FINA承認モデル クッションあり 競泳用スイムゴーグル <SWANS(スワンズ)> SR-71N 【送料無料】


SWANS スイミングゴーグル SR-71N

普通のゴーグルより長持ちで4倍もの曇り
止め加工がしてあります。swimmingという
雑誌でも紹介されていたゴーグルです。
顔に密着し、しっかりフィットするので、
スタート時にもズレない構造となっています。