マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】最近取り入れるようになったキャッチの練習

今日は雪が降る可能性が
あるので、雪が降って帰れ
なくなったことのことを考えて、
ジム行っていないのですが、
今のところ、まだ雨のようです。

これで雪降らなかったら、
後悔するなぁ・・・

練習したかったし・・・

私が最近取り入れている練習は、
キャッチの練習です。

キャッチはストロークをするとき、
胸の前(お腹あたり)までの部分を
キャッチといいます。

本当に最初の部分ですね。

この部分を練習することが
多くなりました。

最近、水泳の記事でたくさん、
伝えていますが、S字とI字の
両方のやり方でキャッチの
練習をしています。

両方で使いこなせるように
したいというのと、キャッチの
部分は非常に大事で、キャッチで
どのような水の流れを作るのか
で、プッシュがしやすく推進力が
増すようになるからです。

最初が肝心なんですね。

ちなみにやり方なのですが、
片手ずつ行います。

まずはキャッチの部分だけ
2回行い、3回目はプッシュまで
行って手を伸ばします。

25mずつ左右を変えてやること
もあるし、12.5mで左右変えて
やることもあります。

この時はキャッチの確認の練習
ですので、早くやろうとせずに
ゆっくりと行います。

このキャッチで水の流れが変わり、
推進力が出るか推進力が弱くなって
しまうのか、感じることができるように
なります。

たまには部分的な練習も必要と
なります。



アクアフォースライトニング

2016年トップモデルのarena競泳水着です。
今年、オリンピックをはじめ、トップスイマー
達も大会でお披露目するかもしれません。
こちらはダウンキックをサポートしてくれます。
ダウンキックに必要な股関節や内転の意識
を高めてキックをサポートしてくれるようです。
カラーはピンクと緑もあります。

男性用はこちら

アクアフォースライトニング(ピンク)

アクアフォースライトニング(緑)

女性用はこちら

アクアフォースライトニング(ピンク)

アクアフォースライトニング(緑)