マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】クロールや背泳ぎのキックの幅によって速さや疲労度を変える

158177


クロールのキックと背泳ぎの
キック、つまりバタ足は、幅
によって、速さや疲労度を
変えることができます。

クロールと背泳ぎは使う
筋肉は違ってきますが、
基本的なキックのやり方は、
同じです。

キックの幅というとどういう
ことを想像するでしょうか。

本格的に始動!公式大会レース用競泳水着アクアフォースインフィニティ―(メンズ)

2016年幕開け!公式大会レース用競泳水着アクアフォースインフィニティ―(レディース)

足を閉じるか、開くかという
のが浮かんでくると思いますが、
実は重要なのは、キックをした
時の上下の幅です。

大きければ大きいほど、腿を
たくさん使います。

でも、抵抗は大きくなるため、
速いキックにはなりません。

ゆっくりと泳ぐときに最適です。
また、長い距離を泳ぐときに
調整するときにも有効な
キックです。

爆発的なパワーを出して、
スピードを出すキックは
上下の幅を狭くします。

そうすることによって
細かいキックとなり、抵抗を
軽減していき、速くなります。

もし、キックの違いを感じて
みたいという方は、上下の
幅を意識してみてくださいね。

それでは、本日も水泳のできる
環境に感謝です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本日のオススメ、公式大会用競泳水着は
arenaです。体に密着し、動きやすい
アクアフォースインフィニティ―です。

ご購入はこちらの画像をクリック↓