マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】S字プルを行う際の注意点とは・・・

swimming_butterfly

S字プルを行う際の注意点は、
手を少し下げて行うことです。

抵抗を軽減!陸上&水中で正しいフォームへ!!4泳法スイミングドリル

何故かというと手が水面上に
あるとS字プルをするときに、
遠いところから水をキャッチ
しないといけないからです。

水というのは重たいので、
手が高い位置(水面上に)
あると、その位置からキャッチを
しなくてはならないので、重い
水をお腹の位置まで運ばなくては
ならなくなります。

それでは重くなってしまいます
よね。重くなればなるほど、抵抗は
大きくなりますし、腕に負担が
増えていきます。

泳法別のスタート&ターンテクニック!自己ベストを狙う!

だから、まずS字のプルは
手を下げてから行うように
することで、もっと効率よく
泳げるようになります。

もし、S字プルを行う方は、
手の位置に注意しながら、
行いましょう。

大好きな水泳ができる環境が
あるということに感謝して、レベル
アップをしていきましょう

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本日のオススメのテクニックDVDです

4泳法 スイミング ドリル DVD ~ 目指せ抵抗軽減 ! 陸上 & 水中で行うフォームづくり ~ [ 水泳 DVD 番号 795 ]



泳法 別 “ スタート & ターン ” テクニック ~ レース の50%を決める、自己ベストへの最短距離 ~ [ 水泳 DVD 番号 845 ]