マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】背泳ぎでは忘れがちに・・・キャッチアップ背泳ぎで確認しよう

背泳ぎを泳ぐとき、伸びている
手を残すことができますか?

クロールでは伸びている手を
残しておいて、入水する直前に
伸びている手を回し始めるという
ことができるのですが、背泳ぎは
入水する直前ではなく、手が
真上に来る時に伸びている手を
回してしまい、伸ばしている手が
残っていない状態が多いです。

私もそうです。

手を残しておけないで早めに
回してしまうので、意識して
わざとタイミングをずらしたり
します。

これを修正するためには、
キャッチアップという練習が
効果的です。

クロールではキャッチアップ
クロールといってよく練習する
方も多いかもしれません。

手を前で揃えてから回すと
いうやり方です。

右手を伸ばして左手を回して
いる場合、左手が右手と揃った
ときに右手を回します。

これを背泳ぎで行います。

背泳ぎでこの練習をすると
また、推進力が変わってきます。

感覚が変わってくることを感じて
見てくださいね。

背泳ぎをマスターしたい方はこちらから