マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】フラットな姿勢はストリームラインを作ることから

水泳では基本中の基本で
あるストリームラインを作る
ことで、フラットな姿勢は作る
ことができます。

昨日、今年に入って初の
マスターズ練習会に参加
して気づいたことがあります。

ストリームラインをしっかり
作ってお腹を凹ませれば、
フラットな姿勢になり、泳ぎ
やすくなるということは、
大事なことなので、この
記事でも何度も書いて
いますね。

でも、ポイントはもう一つ
あったんです。

私も昨日、気づいたので、
クセがつくまで何度も
これから練習しなければ、
なりません。

これは、私の場合なので、
皆さんもそうなのかというと
そうではないですが、参考に
なるとは思うので、シェアします。

お腹を凹ませるというのを
意識すると、本当にお腹だけに
なってしまい、下っ腹、おへそ
あたりは腹式呼吸のように
動かしやすいのですが・・・

鳩尾が動いていないんです。

お腹と連動させて鳩尾も
動かせるようになると
もっと自由にお腹周りを
動かすことができ、さらに
ストリームラインを作るとき、
背中、腰、お尻が持ち上がる
ので、フラットな姿勢もできる
のです。

そして、泳いでいて楽になるし、
パワーが出やすくなります。

だけど、それもあまり力を入れ過ぎて
筋肉を硬くしてしまうとスムーズな
動きが出来なくなってしまうことに
なります。

だから、ほどほどが一番良いのです。

鳩尾は腹式呼吸を行うと動くと
言われていますが、なかなか
それでもうまいこといかないことが
多いです。

イメージはフーっと吐いたときに
お腹を下のほうに引っ張るイメージを
持つと良いかもしれません。

そうすると鳩尾が上がり、頭のてっぺん
から吊り上げられている形になります。

この姿勢が保てるようになると、フラットな
姿勢を作りやすくなります。

もし、お悩みの方は試してみてくださいね。
合わなかったら、やらなくてもOKです。

くもり止めをしてもすぐくもる?!もう寿命かなと思ったら・・・

スタート時に外れる・・・フィットするゴーグルをお探しの方はこちら