マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】息継ぎ時、水中時の呼吸の常識を疑ってみよう

水中で鼻から吐いて腹式呼吸・・・
息継ぎしたときに息を吸う・・・
これって苦しくなりませんか??


158177

実はよく聞く言葉です。

私もこのやり方、結構
苦しくなることがあります。

えっ? どういうこと?

疑問符が頭に浮かんで
きますよね。

呼吸のことってあまり
言わないですよね。

水泳においてもやはり
呼吸は大事なものです。

それなのに、意外と
あまり呼吸に意識を
置いていないんですよね。

一番、最初に習うバブリング、
ボビングでは鼻から吐いて
口から吸うという練習をします。

これを『ブクブク・・・パァー』と
表現することがあります。

また、インストラクターによっては、
『んんんー、パァー』
と説明することもあります。

鼻から吐くというと口を硬く閉じて
しまうのを私はよく見ます。

鼻から吐ける量って意外と少ない
ものだから苦しくなるんですよね。

更に、口を閉じてしまっていると、
力が入ってしまうため、呼吸も
しずらくなってしまうんです。

だから、常識だと思われている
呼吸のやり方も少しアレンジする
必要があるんです。

もちろん、強制ではないですが、
ちょっと従来のやり方が苦しいな
と思った方は試してみて下さいね。

私の今の呼吸のやり方は腹式呼吸
で行っていますが、ちょっとしたコツが
あります。

体幹をしっかり使うために、お腹を
凹ますことも意識しているので、
クロールと背泳ぎであれば、
ストロークしたときの入水時に
腹式呼吸で鼻から吐くのですが、
口からも吐きます。

口を堅く閉じず、むしろ開けて
おきます。

ハードな練習をすれば、するほど、
またレースではダッシュをするので、
同然、呼吸は早くなります。

そんな時に口を閉じたまま泳ぐ
というのは難しいですし、苦しい
です。

口を閉じておく必要はないです。

ちなみに平泳ぎ、バタフライでは、
息継ぎをする寸前に鼻と口で
吐きます。

そして、すべての泳ぎに共通する
息継ぎ時の呼吸ですが・・・

口から吸う・・・逆に苦しくなって
しまいます。

だから、息継ぎをしたときも
口からふーっと吐く。

吸うのは勝手に入ってくるから、
意識しないというやり方をして
います。

意外とこれが楽に泳げたり
するんですよ。

基本は大事なんですが、常識に
とらわれずに、基本をアレンジし、
自分のやり易い方向へもっていく
ことも大切です。

柔軟性を持つと自分に合った
やり方を見つけられますよ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

競泳水着を探したい方はこちら↓

競泳水着 レディース

競泳水着 メンズ

こちらは泳法を学べます↓

呼吸泳本―呼吸を変えるだけで速くなる

水泳 実践的練習ドリル (差がつく練習法)