マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】身体の使い方をしっかり理解することでケガを防止

いつもお付き合いくださりありがとう
ございます。

皆様により良い情報をご提供できる
ように私も勉強してまいります。


※疑問点や悩みなどありましたら、ぜひ、
メッセージボードよりお問い合わせ
ください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

水泳は健康に良いし、長く続けられる
ということで、水泳を行っている方は
多いです。

だけど、身体の使い方やトレーニングの
知識をしっかり理解してほしいと思います。

水中ウォーキングだけ行っている方も
泳ぐ方も注意するべきことがあります。

腰痛など体の痛みがある場合、プールの
中に入ると痛みが軽減したり、痛みを
感じなかったりすることがあります。

これは浮力があるので、痛みが和らぐ
のですが、ここがポイントです。

痛みを感じないからといって、やりすぎや
身体の使い方を間違ってしまうと、余計に
悪化させることもあります。

それはプールから出た時に起こります。
プールの中にいる間は痛みがわからない
ことから、姿勢が崩れやすかったり、
やり過ぎたりしてしまうようです。

プールの中でトレーニングすれば、
痛みは治るというものではなく、
浮力があるから、わからないだけで、
上がった瞬間に痛みが増すときも
あります。

身体の使い方はそれぞれ、違って
きます。

それはご自身の感覚に任せるしか
ないですが、違和感を感じたら、
そのやり方はやめたほうが良い
です。

実際に泳ぎやウォーキングを
見ないと、それぞれの身体の
使い方はわかりません。

また、教えてもその人に合う
身体の使い方かどうかは
わかりません。

だから、自分で工夫をすることも
大切です。

違和感なくご自身の使いやすい
やり方を見つけて、痛みがある
場合はやりすぎないこと。

自分の体をいたわっていきましょう。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

スイムゴーグルはこちらからどうぞ↓

楽天市場 arena コブラウルトラ

Yahoo!ショッピング arena AGL-130M