マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】【体幹】泳ぐ速さの差は技術ではなく体幹の使い方と強化!?

いつもご訪問いただき
ありがとうございます。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


水泳というのは、男性は結構
力づくで泳ごうとしてしまうことが
実は多いんですよね


女性はどちらかというと細かく、
ストロークはどうしたらいいかなど、
技術を身につけようとする方が
多いようですね


私は、性格上、技術がどうのこうの
ではなく力づくで泳いでしまうほう
ですね


男性的な泳ぎなんですよ。


よーく、ハードで泳ぐときに
言われます


特にフリーとバッタは、力づくで
泳ぎやすいですね


パワー系なんですよね、私は・・・




158177



ただ、最近、ふと思うのは速く泳げる
差は技術もパワーも必要なのですが、
一番大事なのは体幹の使い方と強化
だと感じるようになりました。


コアストレッチ、体幹トレーニングは
必要なのだと感じます


箱根駅伝を見ながら、この記事を
書いています


去年、青学が優勝してから、本が
多く出ていますが、パラパラと見て
みると、実は体幹とコアストレッチと
いう言葉が何度も出てきます。


水泳でも同じことが言えるのではと
考え始めました。


確かに水泳は細かなテクニックが
必要になることもあります。


だけど、テクニックに集中して
テクニックだけを身につけても
私は速くならなかったのに、
体幹トレーニングを始めてから、
あらっ、不思議


スピードが上がるし、浮く位置が
変わるし、頭の位置は変わるし・・・


タイムを見てみても驚きました


初めて大会に参加したときの
タイムを基準とすると・・・


2回目の参加では、1回目の
ときより2秒くらい遅かったのです。


3388-450x337



でも、このとき、全く体幹トレーニングを
行っていませんでした。


そして、3回目、去年のことです。


一昨年の秋くらいから、頻繁に
聞くことになった体幹トレーニング。


水泳でも他のスポーツでも体幹
言われていて、少しずつ行うように
なってきました。


そして、青学が箱根駅伝で優勝した
去年、またしても体幹という言葉。


体幹トレーニングを本格的に
やり始め、そして、去年の夏、
世界水泳瀬戸大也選手が
400M個人メドレーで金メダルを
獲った時、体幹トレーニングを
行うようになり、4か月で変わった
というニュースが流れ・・・


私も確信して、体幹を強くする
と決めました。


その結果、3回目に参加したときは、
5秒もタイム(100m)を縮めました


体幹トレーニングを行ってから
違ってきたんです。


水の感覚も全然違っていて
驚きました


swimming_hiraoyogi



まさかの・・・


ちなみに、2回目と3回目の
タイムを公開します。


私は、あまり速いほうではない
のですが・・・


大雑把なタイムで申し訳ござい
ませんが、ここはマスターズなので、
ご了承ください。


2回目


50m 43秒 100m 1分43秒


3回目


50m 39秒 100m 1分29秒


でした。


大きくタイムが違っているんです
よね


これには、私自身もびっくりしたこと
でしたが、やはり体幹トレーニングを
取り入れたことで、このような結果に
なったんだと思います


決して、テクニックを身につけようと
練習しても速くならなかったのに、
体幹トレーニングを行って速くなった
ということは、体幹の使い方、強化が
一番でその次にテクニックがくるのでは
と感じるようになったんです


私にとって体幹トレーニングに出会う
ことが出来て本当に感謝ですね。


そして、更に体幹トレーニングを
突き詰めていくと、身体の使い方が
わかってきたりするので、水泳に
どんどん活かせるのが、凄く嬉しい
ですね



swimming_butterfly




あとはコアストレッチを取り入れたい
ですが、コアストレッチのポーズが
なかなか、わからないので苦戦して
おりますが、コアストレッチと体幹
トレーニングを行ってさらに強化を
目指します


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


arenaのアウトレットセール開催中です↓


Yahoo!でのご購入はこちらから

楽天市場でのご購入はこちら