マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】【体幹・エクササイズ】体幹でも質と基本が大事!!

いつもお読みいただき
ありがとうございます。


このブログの読者の
皆様、協力していただいて
いるバリューコーマスの
スタッフ様、A8.NET
スタッフ様に感謝申し上げます。


以前の記事では、体幹は使える
ようにすることが大事なので、
静的体幹トレーニングだけでなく、
動的体幹トレーニングを取り入れる
と良いとお伝えしましたね


その体幹トレーニングについて
追記します


これは私の経験から感じたこと
ですので、絶対やりなさいという
ことではないので、自分に合った
やり方を見つけていきましょう


体幹トレーニングの基本は、
プランクです


7052126


サイドブリッジ、仰向けなども
ありますが、どんな体幹トレーニングも
基本は静的トレーニングです


この静的トレーニングで何が
大事かというとドローインです


この時にドローインと言ってお腹を
しっかりへこました状態でキープする
ことが必要です


この、静的体幹トレーニングをさぼって、
動的体幹トレーニングをしてしまうと、
お腹のへこみを確認できなかったり、
お腹を凹ますことを忘れてしまうことが
多いです


そうなると、体幹トレーニングの意味が
なくなってしまうので、やはり基本の
静的トレーニングは必要になります


まずは基本ができてから、応用です


その上で、わからなくなってしまったとき、
基本に戻ることが凄く重要なのですが、
基本を重視せずに、応用だけ行って
いると、スランプに陥った時に原点に
戻ることが出来なくなってしまいます


せっかく、質のあるトレーニングを
していたのに、それではもったいない
ですね


何をするにも基本に戻るということは
原点に戻るのと同じです


私はしばらく体幹トレーニングの基本
である静的体幹トレーニングをして
いませんでした


動的体幹トレーニングばかり行って
いたら、水泳で行う時意識はお腹に
あるのですが、凹ますことが出来なく
なっていたのです


お腹を凹まそうとしても、違和感が
あって、ここぞというときにスピードを
あげようと思ってもできませんでした


結構、お腹を凹ますことが出来ないと、
パワーを発揮できないのですが・・・


そうそう、水泳でもスピードを出したいとき、
かなりお腹を凹ますことで、スピードが出る
し、ブレない体を作ることが出来ます


一番、わかりやすいのは背泳ぎです


私は背泳ぎが苦手なので、あまりできませんが、
仰向けになった時に水面とお腹の間が、2センチ
くらい差があるとしっかりお腹を凹ませることが
できています


これって、結構お腹を凹ませています


完全にお腹が薄くなっている状態まで
持ってこないと、水泳では浮かないようです


体幹トレーニングはかなり大事だといえますが、
こちらも水泳同様、質なのです


キープするときに30秒など具体的にすると、
わかりやすいですが、本当にお腹を凹まして
行うのであれば、15秒でも良いのです


10秒を3セットでも良いでしょう


大事なのはしっかりポイントを抑えて
体幹トレーニングができるかです


質の良いトレーニングをしていきましょう


Yahoo!ショッピングでのご購入はこちら

Amazonでのご購入はこちら

楽天市場でのご購入はこちら


いつもお付き合いくださりありがとう
ございます。

皆様により良い情報をご提供できる
ように私も勉強してまいります。


※疑問点や悩みなどありましたら、ぜひ、
お問い合わせフォームよりお問い合わせ
ください。