マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】この練習はなんのため?

いつもお読みいただき
ありがとうございます。


特に日本は練習をするとき、
なんのための練習なのかを
考えて練習するということを
あまりしません。


きっと指示通りにトレーニング
することが多い日本はコーチに
任せきりなのかもしれません。


でも、実は練習にはきちんと
意味があります。


意味はあるのですが、意外と
理解できていないことが多い
のです。


例えば、キックの練習。


キックの練習は何のために
あるのでしょうか?


基本的なキックのやり方を
覚えたら、そこから先は
自分で考えなくてはなりません。


応用させるには、指示通りに
行うだけではダメなのです。


キックの練習は体力アップの
ためももちろんあります。


体力アップのための練習に
するならば、3分間キックし続ける
という練習を入れても良いでしょう。


キックは体力アップだけではなく、
リズムをとる練習でもあります。


どういうことかというと、速くキック
するときはどんなリズムなのか、
ゆっくりキックするときはどういう
リズムにするのか、ご自身で
リズムを作るための練習も
できます。


不思議なのですが、何のための
練習なのかというのは、トップ
アスリートを指導するコーチは
理解していると思いますが、
一般のコーチは、なかなか説明
しませんね。


練習メニューの指示を出しますが、
この練習メニューがなんの意味を
持つのか、何のための練習なのか、
伝わってこないなと感じることが
多いです。


本来は、何のための練習なのか、
説明するべきです。


私は、正直にいうと、スカーリング
片手などのドリル練習は、自主練習では、
あまりやりません。


ストレートにレースに向けた練習をして
いるので、レースと同じような形式で
練習するのが一番の近道だと思う
からです。


その中で、自分の弱いところがあって、
その弱いところを補うためにスカーリング
片手などのドリルを行うというのが私の
考え方です。


加えて体幹トレーニングや筋トレを行う
という形が理想的かなと私は思います。


練習メニューを作成するうえで捨てる
ことも必要です↓


Yahoo!ショッピングでのご購入はこちら

楽天市場でのご購入はこちら


いつもお付き合いくださりありがとう
ございます。

皆様により良い情報をご提供できる
ように私も勉強してまいります。


※疑問点や悩みなどありましたら、ぜひ、
お問い合わせフォームよりお問い合わせ
ください。