マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】本当の練習の質を考えよう

いつもお読みいただき
ありがとうございます。


ちょっと風邪をひいて
しまいました・・・


温度差があるので、
体調にはお気をつけ
下さいね。



ところで、練習の質を
考えていますか?


練習はダラダラやるものでは
ありません。


本数が少なくても練習の質が
しっかりしていれば、それで
効果は出てくるものです。


ところが、泳ぐ距離が少ない、
物足りないと言っている方が
多くいます。


マスターズの練習は特に
コーチによってメニューの
作り方が違うので、足りない、
きつすぎる、などいろいろ
あります。


でも、良く冷静に考えてみると・・・


しっかり、ポイントをおさえながら、
50mを4本行うのとただ、50m10本を
1分サイクルで行うのとどちらが
良い練習になるでしょうか?


私は距離を多く泳ぎたいので
あれば、マスターズの練習会に
出る必要はないとさえ思っています。


泳ぐ距離が少ないと物足りない・・・
と思う方は、質が良くないのかも
しれません。


練習にメリハリを持たせれば、
距離が少なくても充実した練習が
できるはずなんです。


例えば、ハードやイージーを行う
だけではなく、その中で何をポイントに
して、どこを意識して練習をするのか
考えなくてはいけません。


練習メニューに書いてある指示通りに
練習するだけという方が非常に多い
気がします。


メニューの指示通りにするのも良いですが、
メニューの指示+考えて泳ぐことが大事
です。


五感を使って泳ぐ。


これがきちんとできれば、物足りないとか
関係ないと思います。


厳しいことを言ってしまいましたが・・・


五感や頭で考え、どういう展開にしたいのか、
泳ぎにしたいのかが大切です。


これが練習の質です。


物足りないということは、練習の中で実りが
ないということです。


もし、物足りないという方は距離だけしか
考えていないのかもしれません。


練習の質をしっかり考えていきたいですね。


楽天市場でのご購入はこちら

Amazonでのご購入はこちら



いつもお付き合いくださりありがとう
ございます。

皆様により良い情報をご提供できる
ように私も勉強してまいります。


※疑問点や悩みなどありましたら、ぜひ、
お問い合わせフォームよりお問い合わせ
ください。