マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【自己啓発】仕事でも使える教える技術!

いつもお読みいただき
ありがとうございます。

私は元スイミング
インストラクターを
やっていた経験を
活かし、記事にも
いろんなことを書いて
きました。

実はこの指導の仕方は、
スイミングに限らず、普段の
仕事でも応用できるのです。

そこで、私の経験から
仕事でも使える指導法を
ご紹介します。

もし、良かったら参考にして
みてくださいね。




皆さんはどのような指導を
されたら、一番やる気に
なりますか?

実は、教える技術というのは
案外難しいです。

教えるとなると自分が教わった
やり方しか知らないので、いざ、
自分が他の人に教えようとすると、
教わったやり方をそのまま指導
してしまいます。

これが指導の難しいところなんです。

また、自分のやり方を押してしまい、
他のやり方を否定しまう・・・

こういうパターンもあります。

自分のやり方や自分の教え方が
他の人に合うとは限らないんです。

私もまだスイミングインストラクターを
している時は、若かったこともあるかも
しれませんが、自分の泳ぎ方以外、
方法をしっかり勉強していません
でした。

なんで、この人、これで泳げないの?
これで泳げているつもりなの??

そう思ったことも正直にあります。

単純に教えることというのも心理
作戦なんです。

いつも、これはこうやるんですよ、
それはダメですというような指導を
してしまうと、その人はやる気を
なくしてしまいます。

教えるときは必ず、具体的に
する必要があります。

そして否定をしてはいけません。

『ここはこういう理由で良くできて
いるね』と認めてあげることが
大事です。

そして相手に考えさせることも
重要なので、

『どうしてこうやろうと思ったの?』
『こういう時はどうしたらよいと思う?』

など、質問して考えさせ答えを本人に
見つけてもらいます。

『ここはこの理由で良かったから、
ここはこれでいいよ。でも、更に
こうするとこうなるからもっと良くなる』

と伝えらるようになるともっと良いです。

やはり、マニュアル通りではなくて、
人と接しているので、マニュアル通りの
ことを教えるだけでその人がやる気に
なるかというとそうとは限りません。

良く、指導方法で言われていましたが、
褒める。褒めて具体的に提示する。
これが指導方法の基本だと思います。

『なんで、こうやったんだ!!』と
怒鳴ったり『何故、こんなことが
出来ない!』などと怒ると自分も
嫌な気分になりますし、相手も
やる気になりませんよね。

相手がどんな人なのか、どんな
理由があってできないのか、
冷静になって分析することが
大事です。

そのためには人のことを良く
研究して人のことを知ること
から始めると良いです。

その上て心理を考えて教えて
いくことが一番上達する近道
です。

そのためには教える側も
ただ、仕事のやり方を伝える
だけではなく指導方法を学んで、
心理が伴うというのをしっかり、
頭に入れておくことが必要です。




指導方法で悩んでいる皆様、
まずは心理というのを学び、
指導方法とはどういうことなのか
勉強してみてはいかがでしょうか。

私はお勧めするのは、NLPという
コミュニケーション技術です。

このNLPというのは心理学が
元になっています。

実践編としてNLPは心理を
考えたコミュニケーションの
基本です。

NLPはいろんなパターンに応じての
考え方やコミュニケーションのやり方
などもあるので、参考になりますよ↓

Amazonでのご購入はこちら

楽天市場でのご購入はこちら

Yahoo!ショッピングでのご購入はこちら




いつもお付き合いくださりありがとう
ございます。

皆様により良い情報をご提供できる
ように私も勉強してまいります。


※疑問点や悩みなどありましたら、ぜひ、
お問い合わせフォームよりお問い合わせ
ください。