マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】どの泳法もキックで調整してゆっくり泳いだり速く泳いだりします

こんにちは。


水泳ライフを楽しんでいる
皆様、スピードの調整は
できますか?


意外と調整ができないと
悩んでいる方が多いよう
です。


ゆっくり泳ぐときはあまり
キックをせず、大きく手を
回すなど工夫をしてゆっくり
泳ぐことができますが、
スピードをアップさせるときが
意外とできないんですよね。


お子様は頭が軽いので、どうしても
キックで勢いが出てくるので、自然と
キックする足に集中がいるのですが、
大人になってくると・・・


頭のほうが重く、また足も重たくなり
キックをすると疲れるからとスピードを
上げるときに腕でスピードを上げようと
します。



これは体幹の力も必要になってきますが、
丹田に力が入るだけでキックは軽くなります。


そのため、キックでの調整が可能に
なります。


腕は確かに平泳ぎ以外は足よりも推進力が
増します。


でも、スピードを上げるときはキックで
上げていきます。


だけど、ここで注意が必要なんです。


キックは細かく速く打つことでスピードを
加速させますが、腕は速く回そうとしなくて
良いです。


腕はスピードを上げず、キックだけで調整
します。


これができるようになると疲労度が激減
します。


もちろん、練習をしているときは何本も
やっているので、疲れてくるのは当たり前
ですが、腕も足も速くやろうとすると、余計に
疲れます。


だから、腕はゆっくり、足は速くです。


といっても、無理にやるのではなく、
足は細かく強く打つ。これが速く
泳げるコツです。


そうすることによって、無駄な泳ぎを
防ぎます。


ハードで泳ぐよ!となった時にいきなり
猛ダッシュをかけて、ラストでバテた・・・
なんてことがないようにキックの調整が
必要です。


普段は意識をしていますが、極端に
スピードを上げてしまいがちなので、
私も調整はうまくないのですが・・・


練習ではDse(ディセンディング)と
いう方法を取り入れると良いです。


例えば50m4本行うとします。


1本ごとにだんだんスピードを上げて
いくというやり方です。


しかし、ハードでもスプリント(ダッシュ)
でもありませんので、1秒ずつ上げて
いくくらいでOKです。


この練習をすると、スピード調整が
できるようになります。


これを行うには1本目から速くなって
しまうと、ラストには自分の持っている
スピード以上に上げなくてはならないので、
無駄な体力を消費してしまうということに
なります。


だから、スピードをきちんとコントロール
することが大事です。


さて、キックの調整の練習の前に、細かく
速いキックはどうやれば良いのか?


という疑問も出てきますね。


そんな疑問を解決するために道具を
使います。


ただし、あくまでも動作の確認なので、
道具に頼り過ぎないように注意して
下さいね。


その道具はプルブイです。プルブイを
挟んでキックをしてみてください。


プルブイが挟んであるので、細かい
キックにしないと外れてしまいます。


だから、しっかりと細かいキックを
打とうと意識するのでとても良い
練習法です。


プルブイはたくさんありますが、
出来れば、上記でご紹介した
プルブイが一番やりやすいと
思います。


しっかりキックの確認をして
細かいキックをできるように
していきましょうね。


Yahoo!ショッピングでのご購入はこちら

楽天でのご購入はこちら


いつもお付き合いくださりありがとう
ございます。

皆様により良い情報をご提供できる
ように私も勉強してまいります。


※疑問点や悩みなどありましたら、ぜひ、
お問い合わせフォームよりお問い合わせ
ください。