マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】≪バタフライ≫キックで調整!いろんな泳ぎ方


こんにちは。


さて、本日は私の2番目に
得意とするバタフライについて
考えます。


swimming_butterfly

バタフライは皆さん、難しいと
思っているようですが・・・


実は一番簡単なんです。


というと、またブーイングが
きそうですね。


まぁ、得意、不得意があります
から、何が一番簡単なのかは、
また、それぞれ違ってきます。


だから、一番、簡単というのは
種目によって人それぞれという
ことですね。


私は一番はやはりフリースタイル
ですから。


でも、2番目にバタフライが好き
なのは事実です。


まぁ、推進力があるからでしょうね。
理由は。


私の場合は、背泳ぎ、平泳ぎに
ついては、フリーやバタフライに
比べると進まないんです。


逆に何故、一番得意なのは
フリーかというと、長距離が
得意! そして、その中で、
泳ぎ方を変えて調整をしやすい
から、フリーが一番好きな
わけです。


といっても、マスターズの大会
では、長距離はありませんので、
短距離でできるように練習して
います。


短距離はエンジンがかかりにくい・・・


というわけで、フリーでも背泳ぎ、
平泳ぎでも泳ぎ方を調整して
ここぞという時にスピードアップを
させてラストスパートをかけます。


もちろん、それはバタフライでも
できます。


でも、背泳ぎやフリーはキックで
調整がしやすいですが、バタフライや
平泳ぎはキックで調整というのを
なかなかできません。


バタフライ、平泳ぎも本当は
キックで調整できるのですが、
今回はバタフライでキックの
調整のやり方を見ていきましょう。


バタフライのキックは大きくうねる
やり方と細かくできるだけフラットな
やり方があります。


もっと細かくいうと上半身を使って
キックを調整することもできます。


どんな泳ぎ方が良いかは、自分で
見つけていくしかないですが、組み
合わせて泳ぐこともできます。


あまりスピードを出したくないときは、
大きくうねる、だけど、ラストスパートを
かけるときはフラットなキックでスピード
を上げるというように調整します。


バタフライで難しいのは、キックでの
調整がなかなかできないことです。


それには骨盤の使い方が関係
しています。


骨盤の使い方を大きくしたり、
骨盤の使い方を小さくする
だけでバタフライのキックは
調整できるのです。


ここで、陸上でバタフライのキックの
動かし方を確認しましょう。


うねりを入れるので、骨盤を動かす
というのは欠かせないことですが、
この骨盤の動かし方が重要です。


骨盤を前、後ろに動かすとバタフライの
動きになりますが、大きく動かすとき
と小さく動かすときとで試してみましょう。


立ちながら骨盤を前、後ろに大きく
動かしましょう。何度かやったら、
今度は小さく動かしてみましょう。


違いがわかりますか?


大きく動かすとお尻の動きも大きく
なってうねりが大きくなる感覚が
あればOKです。


反対に骨盤を小さく動かすとうねりも
小さくなる感覚をつかめますか?


これがバタフライのキックを調整する
基本形です。


バタフライだけではないですが、
足だけで動かそうとすると硬く
なってしまうので、丹田に力を
入れて、骨盤から動かすように
してみましょう。


これだけでバタフライのキックも
しなやかにできますよ。


ところで、ミズノのスイムゴーグル2015
色が綺麗で見やすそうなんです!


私の好きな色なんでちょっと心が揺れて
しまった・・・(笑)


こだわって水着とゴーグルはarenaが
良いと言っていたのに、ちょっと魅かれて
しまいました。


2015年版なので、とても新しいゴーグル
です。


最近はトップスイマーもミズノをたくさん
使用していますが、ゴーグルもミズノが
多くなってきました。


ミズノも一度、使用したことがありますが、
確かにフィットしていたのは事実です。


arenaといっていますが、実は結構、
私も試しているんですよ。いろんな
メーカーで。


久し振りにミズノのゴーグルにしよう
かなぁ(笑)


Yahoo!ショッピングでのご購入はこちら

楽天市場でのご購入はこちらから


いつもお付き合いくださりありがとう
ございます。

皆様により良い情報をご提供できる
ように私も勉強してまいります。


※疑問点や悩みなどありましたら、ぜひ、
お問い合わせフォームよりお問い合わせ
ください。