マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】ウォーミングアップで体をしっかり温めないと動けない


こんにちは。

本日のテーマは

『ウォーミングアップで
身体を温めて動けるように』

です。


昨日のマスターズ練習会では、
プル練習で50m4本で2本、
フォーム、残りの2本はハード、
スイムで50m4本で3本はハード、
1本はイージー、最後に100m
4本、1本目と2本目は50mハード、
後半の50mイージー、3本目、
4本目は50mハード、25mイージー、
25mハードの組み合わせで
やったのですが・・・

100m以外のメニューはバタフライで
行いました。

バタフライも極めたいということも
ありましたが、もう一つ。

お腹の動きを確かめやすいから
です。

でも、バタフライをやったからか、
最後は吐きそうになるくらいに
なってしまいました・・・

swimming_butterfly
私みたいな無理はしないように・・・

そんな状況で100mメニューをこなした
ところ、3本目より4本目とタイムを上げて
随分追い込みかけましたねとコーチに
言われて、あら、びっくり・・・

なかば、吐きそうになって100mメニューを
やっていたので、ダメかと思ってました。

よく、上げられたなぁと思ったのですが、
私の強みは100mなら100mの中で
泳ぎを変えてゆっくりにしたり、ちょっと
スピードを上げたりすることが出来る
というのを、コーチも言っていました。

そこで、100mのメニューでタイムを上げる
ことができたのは、体幹のおかげというのも
ありましたが、身体が暖まっていて動けた
というのもあるのかもしれません。

普段、マスターズの練習会は時間に限りが
あるので、ウォーミングアップは50m×4と
少なめです。

ですが、これでは体が暖まらないという
のが、私の悩みです。

夏は良いですが、私の場合、今の時期に
なると冷えやすい・・・

水泳は水の中ですから、温めてもすぐに
冷えてしまうというのが難点です。

だから、ウォーミングアップが少ないと
身体が暖まらないのです。

基本的にマスターズ練習会をする前に
ウォーミングアップを500~1000mは
確実に泳いで、マスターズの練習会で
ウォーミングアップを50m4本をやる
のです。

昨日の場合、私はバタフライがウォーミング
アップになったのかもしれません。

コーチ曰く、体質もあるので冷えやすい
人は人より練習量は多くなってしまうけど、
やらないと体が暖まらず、動かないので、
練習をすると言っていましたね。

ウォーミングアップにもダッシュを入れる
という方も多いらしいです。

泳げない場合は体幹トレーニングや
腹筋をして温めていたりして、身体を
冷やさないようにしているようです。

体力がなくなるからとか疲れるとか
ではなく、身体が動かないから人よりも
多くウォーミングアップをするということ
を聞いて、私もウォーミングアップの
やり方を考えてみようと改めて思った
日だったので、昨日はよかったです。

ウォーミングアップは体を温めるくらい
やりましょう。

ウォーミングアップは体幹トレーニング
でもできます。きちんと正しいやり方を
すればの話ですが、身体は暖まります。

やはり、コアが大切なのでコアを鍛えて
使えるようにして体を暖めるようにして
いかなくてはいけません。

しっかりコアを鍛えることが大事なの
かもしれませんね。

Yahoo!ショッピングでのご購入はこちら

楽天市場でのご購入はこちら

いつもお付き合いくださりありがとう
ございます。

皆様により良い情報をご提供できる
ように私も勉強してまいります。


※疑問点や悩みなどありましたら、ぜひ、
お問い合わせフォームよりお問い合わせ
ください。