マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】≪ストリームライン≫もう一度基本に戻ろう!ストリームラインで伸ばさなければいけないところはどこ?

こんにちは。


さて、シーズンオフという
ことで水泳も基本に戻り
ましょう。


突然ですが、ストリームライン
出来ていますか?


陸上で姿勢を作って確認します。


さて、この姿勢、水の中にいても
作れますか?


上級者は当たり前にできるよと
怒るかもしれません。


では、質問を変えます。


ストリームラインでどこまで進む
ことが出来ますか?


壁を蹴る強さにもよりますが、
壁を蹴ったときは当然、進み
ます。


その後はどうですか?


スピードがなくなってきて
からもゆっくりと進むことが
できますか?


12.5mくらいまでいけたら、
結構、上手く伸びて体重移動が
出来ている状態です。


更に伸ばせる方はより泳ぐときに
有利になります。


初心者の方はまず浮く感覚を
つかんでほしいので、ストリーム
ラインで進まなくてもOKです。


でも、上級者はストリームラインで
できるだけ、距離を進んでいくことが
できると泳いだときに大きな伸びが
できるので、速くなります。


ストリームラインを作るとき、どこを
伸ばしますか?


たいていは、腕を強引に伸ばしたり
肩甲骨を上げたりします。


だけど、それだけでは肩甲骨が
上がる範囲が狭くなってしまいます。


そこで、私が実際にやってみて
ストリームラインで12.5m近くまで
進んだ方法を共有します。


あまり無理に伸ばしすぎないように
気を付けてくださいね。


伸ばすのは腕ではなく、肩甲骨でも
なく、脇腹から脇にかけて伸ばします。


もし、そのやり方で進まなかったら、
また別の部位を修正しなければ、
なりません。


いろいろ身体の動きを勉強していく
と凄く面白いですよ。


身体の動きを勉強して水泳に
活かしていきましょう。


arenaのスイムキャップ特集です↓


Yahoo!ショッピングでのご購入はこちらから


楽天市場でのご購入はこちらから



いつもお付き合いくださりありがとう
ございます。

皆様により良い情報をご提供できる
ように私も勉強してまいります。


※疑問点や悩みなどありましたら、ぜひ、
お問い合わせフォームよりお問い合わせ
ください。