マスターズスイミングのためのトレーニングルーム

水泳やメンタル、体幹トレーニングなど私の経験から得た知識や商品、情報を紹介しています。

【水泳】≪練習の質≫本当の意味での練習の質ってなんだ??速くなるための練習の質って何?


こんにちは。


本日は練習の質に
ついてお話しします。


フォームは意識して
練習しているけれど・・・


速くなるための練習の
質ってなんでしょうか?


フォームの練習は動作を
確認するための練習です。


何度も何度も確認して
最後に1、2本、普通に
泳ぐというのが、本来の
練習の質なのかなと思い
ます。


これはフォーム練習の
話です。


でも、速くなりたいのに
フォーム練習していませんか?


速く泳げるようになりたいと
思っているのにフォーム練習を
しているのでは、速くなれません。


スピード練習の質とはどういう
イメージをしますか?


サイクルを使って練習するという
のもありますよね。


それはそれで良いと思いますが、
サイクルを使うだけでは練習の
質を高めることはできません。


また、サイクルを使うのは1コース
一人で使えるときのほうが良い
でしょう。


ウォーミングアップとフォームの
確認が終わったら、ダッシュの
練習をすることが大事です。


とはいえ、練習の質ですから、
本数を多く行うより、1回1回
身体で感じながら泳ぐことが
大切です。


そして、感じた違和感を修正
しながら泳ぎます。


その中で納得しないところが
あったら、ダッシュの練習を
やめて、フォーム確認をします。


そして、確認ができたらまた
ダッシュの練習をします。


この時にタイムが測ることが
できたら、測ってみても良い
でしょう。


スピード練習はできるだけレースに
近い形でするのが一番です。


そのため、サイクルだけにこだわって
しまうのも良くありません。


サイクル1分で50m10本などに
頼り過ぎはレースに近い形に
なっていないので、サイクルを
使ったからといって速くなるわけ
でもありません。


サイクルを使うと、そのうちに
ダラダラになってしまうことも
あります。


それならば、サイクルを使わずに
ダッシュをしてタイムを計る。そして、
休憩してまたダッシュというのを
繰り返したほうがスピード練習の
効率化ができるように私は思って
います。


更に短い距離で良いと思います。
まずは短い距離でダッシュの練習を
します。


最後に自分の種目でのダッシュを
すると良いと思います。


長距離なら長距離でまた練習方法は
変わってきます。


それぞれ、できるだけレースに近い
形で行いましょう。


距離を短くしてダッシュする理由は、
ダッシュするときにただ、ダッシュを
するだけではなくて、どこでダッシュを
仕掛けるか、前半飛ばすか、後半に
飛ばすかなどを確認するのが目的です。


すべてダッシュで泳ぎ切ることは、
できないので駅伝やマラソンでは
ないですが、駆け引きが必要なのです。


でも、その駆け引きができないと
レースでは無駄な力を使いすぎて、
本来の泳ぎを発揮できない場合も
あります。


その為にどこでダッシュを仕掛けるのかを
考えながら、ダッシュの練習をすることが
大事です。


そして、最後に自分の種目でダッシュする
ときにどこでダッシュを仕掛けるかを考え
ながら、泳ぎます。


また、うまくいかないとき、調子が出て
こないときに無理矢理やるのも練習の
質を下げます。それならば軽く行うなど
調整することも大事です。


これは私の考える練習の質なので、
他にも練習の質ってたくさんあるかも
しれません。


練習方法にもきちんと自分に合う練習
方法があります。


自分に合った練習方法をみつけて
いきましょう。



arenaの競泳水着です。やはりarenaは
スイマー定番のメーカーでarenaを使用
する方は多いですね。


Yahoo!ショッピングでのご購入はこちらから


楽天市場でのご購入はこちらから


いつもお付き合いくださりありがとう
ございます。

皆様により良い情報をご提供できる
ように私も勉強してまいります。


※疑問点や悩みなどありましたら、ぜひ、
お問い合わせフォームよりお問い合わせ
ください。